IRONCAD 2014 新機能


IRONCAD 2014 新機能

3Dシーン

IntelliShape のハイライト表示

 IntelliShape (インテリシェイプ) 選択時の表示に透過効果をつけることがきるようになりました。より視覚的な表現で IntelliShape の形状変化を確認することができるため視認性を高めます。この機能は、オプション設定で有効/無効を切り替えることができます。


作成するオブジェクトへのパターン/リンクの複製

 既存のパターン(配列)/リンクを別オブジェクト(パーツ/アセンブリ)のフィーチャとして自動的に適用することができるようになりました。作成するオブジェクト(パーツ/アセンブリ)を既存のパターン/リンクにドラッグ アンド ドロップするとドロップ先と同じパターン/リンク フィーチャをもったオブジェクトが生成されるため作業効率が向上します。この機能は、オプション設定で有効/無効を切り替えることができます。


複数選択された IntelliShape のハンドル

 複数選択された IntelliShape (インテリシェイプ) のサイズボックスを単一のハンドルで操作することができるようになりました。サイズボックスのハンドルでのみ動作し、ハンドルの向きにサイズを変更します。Shift キーを押しながら、選択対象の IntelliShape をクリックすることでも複数の IntelliShape を選択することができます。


アクティブなハンドルの設定

 IntelliShape (インテリシェイプ) のサイズボックスにアクティブなハンドルを設定することができるようになりました。任意のハンドルをアクティブなハンドルとして設定した後、カタログに登録することができ、カタログから3Dシーン上に配置すると設定されたハンドルが編集可能な状態になります。


ゴースト パーツ (選択できないパーツ)

 パーツ/アセンブリをゴースト パーツに設定することができるようになりました。ゴースト パーツは、3Dシーンで透過表示され、選択することはできません。ただし、他オブジェクトのサイズ変更や TriBall (トライボール) での配置において参照することができます。パーツ/アセンブリが透過表示 (透明度は設定可能) されているので、通常は隠れて見えない部分のエッジなどジオメトリを参照することができます。


自動的な拘束の作成

 カタログから任意のオブジェクトをパーツとしてドラッグ アンド ドロップすると、ドロップ先のパーツ/アセンブリとの間に拘束を自動的に作成することができるようになりました。拘束の作成を高速化します。この機能は、オプション設定で有効/無効を切り替えることができます。


サイズボックス ハンドルの円柱面へのスナップ

 サイズボックス ハンドルのスマート スナップが円柱面の点へスナップすることができるようになりました。これまでは象限の点へスナップしていたかもしれない円柱形オブジェクトのサイズ変更を高速化します。


コンテキスト メニューへの[アセンブリ作成]コマンドの追加

 複数選択されたパーツ/アセンブリのコンテキスト メニュー(右クリック メニュー)から[アセンブリ作成]コマンドを選択することができるようになりました。これまでリボンのコマンドを選択しなければならなかったアセンブリの作成を高速化します。


コンテキスト メニューへの[アセンブリ分解]コマンドの追加

 アセンブリのコンテキスト メニュー(右クリック メニュー)から[アセンブリ分離]コマンドを選択することができるようになりました。これまでリボンのコマンドを選択しなければならなかったアセンブリの分解を高速化します。


ラップ エンボス

 平面や円柱面にテキスト オブジェクトや複数の閉じた図形をラップしてエンボスを作成することができるようになりました。例えば、製品名の刻印を作成する場合に役立ちます。


2Dスケッチへの[中心線]コマンドの追加

 2Dスケッチ上で中心線を作成することができるようになりました。スピン フィーチャの断面図形では中心線を回転軸として定義します。


板金プロパティでの厚みの設定

 板金パーツのパーツ プロパティ上で厚みと厚み付けの方向を設定できるようになりました。板金パーツの厚みを素早く簡単にまとめて変更することができます。


ベンド長さの保持

 板金パーツのベンド長さを保持した状態で角度を変更することができるようになりました。これまで変更のたびに必要であった長さの調整が省略できます。


オプション設定での板金ストック テーブルの編集

 オプション設定の画面上で板金パーツのストック テーブルを編集することができるようになりました。これまでのように設定ファイル Tooltbl.txt を直接編集する必要がなくなります。


板金ストック テーブルのネットワーク対応

 ネットワーク ドライブに保存されている板金ストック テーブルの設定ファイル Tooltbl.txt を参照できるようになりました。標準化された設定ファイルを管理しやすくなります。


複数カスタム穴の一括作成

 リボン上の[カスタム穴]コマンドにおいて従来の2Dスケッチでの配置点の定義に代えて、特定のスナップ ポイント(中心点/端点/中間点)を配置点として指定することができるようになりました。コマンドが確定されるまでは配置点を追加していくことができるため複数の穴を一括作成することができます。


TriBall でのコピー/リンクコピーの中止

 TriBall (トライボール) を使用したオブジェクトのコピー/リンクコピーを誤ったコピー数で開始してしまっても処理を中止(キャンセル)することができるようになりました。


直接編集のオプション"IntelliShape へ適用する"

 直接編集コマンドにおいて[IntelliShape へ適用する]オプションを使用すると可能な限り元の定義 (IntelliShape) を保持したままで変更を適用することができるようになりました。直接編集でいたずらに失われる可能性がある編集情報や設計意図を維持することができます。


シーン ブラウザからカタログへのドラッグ アンド ドロップ

 シーン ブラウザ上で選択したオブジェクト、カタログへ直接ドラッグ アンド ドロップして登録することができるようになりました。シーン上で目的のオブジェクトを選択する必要がなくなりました。


TriBall でのコピー

 TriBall (トライボール) での配置によるコピー/リンクコピーの動作をオプションによって両方向に反映させることができるようになりました。中間点に配置された IntelliShape (インテリシェイプ) などのコピーを高速化します。


TriBall での回転コピー

 TriBall (トライボール) での回転によるコピー/リンクコピーの動作をオプションによって両方向に反映させることができるようになりました。


サイズボックス ハンドルの中間点へのスナップ

 IntelliShape (インテリシェイプ) のサイズボックス ハンドルに新しいコマンドが追加され TriBall (トライボール) と同じようにハンドルを中間点にスナップさせることができるようになりました。



2Dドラフト(CAXA Draft)/2Dドローイング


図の更新でのパフォーマンスの改善

 図の更新において投影図の作成時よりも処理に時間がかかってしまう問題を改善しました。


リボンの初期表示

 [3D インターフェース]リボンを初期表示するようになりました。作業環境を3Dシーンから2Dドラフトに切り換えてすぐに投影図の作成に取りかかることができます。


リンクの編集

 投影図と3Dシーン ファイルのリンク(関連付け)を変更できるようになりました。投影図のリンク先を別の3Dシーン ファイルに変更するとそのファイルの内容で図を更新することができます。


投影図ツリーの表示

 投影図ツリーの利用頻度が高いというユーザーからのフィードバック情報を参考に初期設定で投影図ツリーを表示するようになりました。


部品表(BOM)の改良

 部品表の機能(名前の変更、初期設定、定義属性)に小規模な拡張を実施しました。


破断面での詳細ビューのサポート

 破断面の詳細ビューを作成できるようになりました。


改善された詳細ビューの関連付け

 図が修正された場合の詳細ビューの動作が改善されました。図が修正された場合に詳細ビューが関連付けを維持するよう動作します。


表示品質の変更

 2Dドローイングにおいて選択された投影図の表示品質(クイック/ドラフト/精密)をプロパティ ウィンドウから設定できるようになりました。



さらに


2Dスケッチでの[終了]コマンドの制御

 2Dスケッチにおいて[移動/コピー]コマンドなどの使用中に意図しない終了を防止するために2Dスケッチを終了するコマンドが使用できないように制御(無効化)されるようになりました。


ハンドルでの結合点の合致

 フィーチャ/パーツのハンドルを結合点の合致によってスナップできるようになりました。例えば、押し出しパーツのハンドルを結合点の定義されたパーツに合致するようにスナップさせることでより早く位置合わせができます。


ステータス バーへの選択ツールの追加

 ステータス バーから[選択]および[範囲選択]コマンドを選択することができるようになりました。


すべての抑制解除

 選択以下のパーツ/アセンブリにあるすべての抑制を一括で解除できるようにコマンドが追加されました。複数の抑制をより早く解除することができます。


パーツの再生成速度の改善

 キャンセルが選択されたときの不必要な再生成を減らすようにフィーチャ編集コマンドが改善されました。


エッジ/3D曲線 セレクターの改善

 エッジ/3D曲線 セレクター(特定のサーフェス コマンド向け)においてループの検出が改善されました。次のコマンドの選択ツールとして使用(Alt + A で起動)できます: フィレット、面取り、面を勾配、3D曲線をマージ、サーフェスを延長。


インポート速度の改善

 3Dモデル(ソリッド/サーフェス)のインポートにおいてパフォーマンスが向上しました。


測定での基準平面のサポート

 測定コマンドがストラクチャ パーツの基準平面を選択できるようになりました。パーツの基準平面からの寸法を取得することができます。


パーツを分割でのストラクチャ パーツのサポート

 複数のボディを使用してストラクチャ パーツに[パーツを分割]コマンドを適用できるようになりました。トリムと同じように分割対象となるボディと分割ツールとなる要素/ボディを選択することができます。最終的にはバーツ内にツールで分割されたボディが追加されます。このボディは、フィーチャの設計意図と関連付けを保持しながら追加の操作や変更に使用することができます。


点群データのインポートと参照

 ジオメトリの再作成などで参照するために点群データをインポートして表示できるようになりました。IRONCAD 上でスキャンされた3Dデータを活用できます。


クイック シェイプ

 参照点(点群データや既存のソリッドの点)を選択することでシェイプを定義できるコマンドが追加されました。ブロック、円柱、円錐、円錐台、球を作成することができます。


IRONCAD COMPOSE から IRONCAD へのコンバーター

 IRONCAD COMPOSE では、IRONCAD/INOVATE で作成されたカタログのアイテムを知的所有権が保護されたグラフィカルな表現のみのデータ(ファセット パーツ)として利用することができます。また、IRONCAD では、IRONCAD COMPOSE 上でカタログのアイテムを用いて構成されたモデルをソリッド データとして編集することができます。これにより製品開発などにおいてチームが同一のデータを共有した高度なコミュニケーションや共同作業を実現できます。


画像のエクスポートでのより大きな縮尺のサポート

 3Dシーンの表示に基づく画像のエクスポートにおいてより大きな縮尺をサポートしました。


エクスポートでの動作の改良

 エクスポートの対象となるオブジェクトが選択されていない状態でコマンドが実行された場合にトップ レベルのアセンブリを選択、または、自動的にアセンブリを作成してエクスポートの処理を開始するようになりました。


2Dスケッチでの図形寸法の表示

 2Dスケッチにおいて初期設定の状態で図形寸法が表示されるようになりました。


TriBall のみ移動での動作の改良

 TriBall (トライボール) のみを移動するモード(白色)において右クリックを用いて移動させる場合の動作が TriBall でオブジェクトを移動するモード(水色)と同じ動作になりました。


TriBall の回転での表示の改善

 TriBall (トライボール) の回転においてどちらの方向に回転させても角度の表示が 0 度から開始するように改善されました。


2Dスケッチでの SmartDimension のロック設定

 2Dスケッチにおいて ロックを解除した SmartDimension (スマート ディメンション) を作成できるようになりました。SmartDimension を作成する場合に表示されるプロパティ ウィンドウのオプションでロックの有無を設定できます。


プロパティ ウィンドウでのモデリング カーネルの切り換え

 3Dシーンのプロパティ ウィンドウにおいてモデリング カーネルを設定するオプションが追加されました。新しいパーツやインポートされたジオメトリのモデリング カーネルをより早く変更することができます。



システム

  • Windows© 8 および Windows© 8.1 への対応。
  • Parasolid™ モデリング カーネルのアップデート ... バージョン 25.1 への対応。
  • ACIS™ モデリング カーネルのアップデート ... バージョン 23 SP2 への対応。
  • TechSoft 3D HOOPS™ Toolkit のアップデート ... HSF 形式(19.34)のエクスポートへの対応。
  • Spatial 3D Interop トランスレーターのアップデート ... バージョン 23 SP2 へ更新。
    • IRONCAD トランスレーター *1 が次のデータ形式をサポート。
      • Inventor® 2013 *2
      • SolidWorks® 2013 *2
      • NX™ 8.5 *2
      • CATIA® V5R23 (V5-6R2013) *3

*1: オプション製品 (別売)
*2: インポートのみ
*3: インポートおよびエクスポート


寸法解析エンジンの改善

 信頼性とパフォーマンス向上のために制約ソルバをアップグレードしました。


ライセンス管理ツールの改善

 アプリケーションの利用を開始する際のユーザー体験を向上させるためにライセンスの登録、確認、その他のプロセスを改善しました。



サードパーティー製アプリケーション


Rhino プラグインのアップデート

 64 ビットをサポートした Rhinoceros 5 に対応しました。IRONCAD/INOVATE と Rhinoceros のそれぞれの特徴をシームレスに利用できる環境を提供します。


GrabCAD アップロード プラグイン

 GrabCAD で設計作業を共有できるようになりました。GrabCAD の Community や Workbench へ IronCAD データ、プレビュー画像、Parasolid (.X_T) ファイル(ソリッド データが存在する場合)をアップロードすることができます。これにより設計者間の共同作業に広がりを持たせます。


TraceParts プラグイン

 IRONCAD 内から TraceParts へアクセスできるようになりました。TraceParts 上でデータを閲覧、ダウンロードして、IRONCAD へインポートすることにより設計作業に広がりを持たせます。


KeyShot プラグイン

 IRONCAD はリアルなレンダリングが可能なレンダリング機能を備えていますが、さらに KeyShot 4 をレンダリングに活用できるようになりました。KeyShot プラグインは、コンピューターにインストールされている KeyShot と IRONCAD を連携する機能を追加します。IRONCAD で作成された3Dモデルを KeyShot でレンダリングすることができ、IRONCAD 上でジオメトリを変更した場合には動的なリンクにより KeyShot 上のモデル データを更新することができます。