IRONCAD COMPOSE


IRONCAD COMPOSE とは

 IRONCAD COMPOSE は、IRONCAD 3Dデータだけでなく、IRONCAD 2Dデータ・DWG/DXFデータの閲覧、さらに3Dデータの簡易モデリングまで可能にした画期的なビューワーです。しかも無料のビューワーとしてすべての方にご利用頂けます。
見せるだけのビューワーから、ビジネスプロモーションツールとしても有効な“魅せる”ビューワーへと進化しました。

 COMPOSE を使用して、設計部門で作成したデータを IRONCAD を持たない他部門や取引先と共有することができます。また COMPOSE ではポンチ絵レベルの構想図を簡単に作成することができます。
さらに、IRONCAD で作成したデータの寸法・注釈も直接開いて確認することができる為、組立・加工現場での図面レス化につながります。

 COMPOSE は直感的な操作を得意とするIRONCADユーザーインターフェースを搭載し、CAD未経験者でもすぐに操作を覚えることができます。
営業部門のビジネスツールとして、客先での簡単なデータ編集や、レンダリング・アニメーションを使用したプレゼンテーションを行うことができるようになります。

競争が激化する今日のグローバル市場において、データの共有、活用は必要不可欠です。しかもより速く、正確な情報が求められます。COMPOSEはそれらのニーズを満たす、非常に生産性の高い効果的なツールとして有効です。

フリーでここまで出来る - IRONCAD COMPOSE の機能 -

・カタログからのドラッグ&ドロップによる簡易モデリング
・作成したパーツ/アセンブリをカタログに登録
・配置ツール“TriBall(トライボール)”を使用したオブジェクトの配置/回転/配列
・パーツ/アセンブリのアセンブリ作成/分解
・IRONCADオリジナルファイルの読込/書出(ics.ic3D.icd.exb)
・画像データファイル、ファセットデータファイルのインポート
 Trimodel(tmd)、3D Studio(prj,3ds)、trueSpace(scn,cob)、AutoCAD 3D(dxf)、AutoCAD 2D(dxf,dwg)、Wavefront(obj)、Raw(raw)、
 Stereolithography(stl,sla)、VRML(wrl)
・画像データファイル、ファセットデータファイルのエクスポート
 3D PDF(pdf)、HOOPS(hsf)、3D Studio(3ds)、AutoCAD 3D(dxf)、Wavefront(obj)、POV Ray 2X(pov)、Raw(raw)、ラピッドプロトタイピング(stl)、VRML(wrl)、Visual Basic(bas)
・インポートしたデータのスケール変更
・“非表示”や“抑制”ツールを使用したパーツ/アセンブリの構成確認
・“スマートアセンブリ”機能を使用したパーツ/アセンブリの自動配置
・“リアルレンダリング”や“リアルタイムレンダリング”機能を使用した画像作成
・“アニメーション”ツールを使用したプレゼンテーション

IRONCAD COMPOSE の操作方法

こちらをご参照ください。