IRONCAD


IRONCAD とは?

基本的な操作方法を動画で見る

 IRONCAD (アイアンキャド) は、低価格でありながら高性能なミッドレンジクラスの 3D CAD です。その操作性や高機能な設計環境が高く評価されています。

IRONCAD 2015 新機能

基本的な操作方法を動画で見る

各機能を動画で見る

動作環境について

ライセンスについて


ユーザーインターフェイス/設計環境

 ユーザーが設計の思考に多くの時間を費やすことができる作業環境を提供します。ドラッグ&ドロップ、スマートスナップ、ダイレクトモデリングでスケッチを描かずにいきなりモデリングできます。

メニューボタン
機能がグループ化され、必要なコマンドに簡単にアクセスできます。
クイックアクセスツールバー
使用頻度の高いコマンドに素早くアクセスできます。ユーザーによってカスタマイズ可能です。
リボンバー
タブによってグループ化された設計過程に関係するコマンドとオプションにアクセスできます。
シーン
パーツ設計やアセンブリ、レンダリング、アニメーションをこの作業スペースで操作します。
シーンブラウザ
パーツのインテリシェイプ、グループ、拘束、カメラ、ライトなどアクティブなシーンにあるすべてのアイテムをツリー形式で表示します。
カタログブラウザ
カタログに格納された様々なリソースにアクセスできます。
ステータスバー
作業に関する情報を表示し、カメラや選択ツールのコマンドにアクセスできます。

大規模アセンブリ

 IRONCAD は、大規模アセンブリでの作業も得意です。パーツの抑制を行わなくても、HOOPS テクノロジ、メモリ管理やロード/セーブ機能の改善により数万点以上のアセンブリでもスムーズに扱うことができます。全部品移動、削除、アンドゥも素早く反応します。また、64ビットOSに対応し、広大なメモリ空間を有効に活用できます。