IRONCAD


ライセンス

IRONCAD XG STD (NU) : スタンドアロンライセンス

 IRONCADをインストールしたコンピューターとライセンスを紐付けるタイプです。IRONCADをインストールしたコンピューターでライセンスのアクティベーションが完了している場合のみ起動可能です。「ライセンス管理ツール」でライセンスをエクスポートすることで他のコンピューターへの再インストールが可能です。エクスポートができない状況が発生する等でライセンスの再登録手続きが必要となる場合があります。

IRONCAD XG STD (USB) : モバイルライセンス

 USBドングルがライセンスキーとなるタイプです。複数台のコンピューターへIRONCADをインストール可能ですが、USBドングルを挿入したコンピューターのみIRONCADを起動可能です。事務所ではデスクトップPCで設計を行い、お客様との打ち合わせではノートPCでIRONCADを起動させる等、運用の自由度が高まります。コンピューターの買い替え時でもライセンスの再登録は不要です。

IRONCAD XG STD (CU) : ネットワークライセンス

 ネットワーク(LAN)を介してIRONCADのライセンスをコントロールするタイプです。数名の設計者がいる場合、仕事の内容と進み具合によってライセンスを振り分ける等の有効活用が可能です。複数台のコンピューターに対してライセンス制御(監視)を行うためのライセンスマネージャーが別途必要です。ライセンスマネージャーは、任意のコンピューターにインストールできますが、そのコンピューターをサーバーとして運用する必要があります。