コンテンツにスキップ

2D ドローイングと CAXA Draft(2D ドラフト)の違い

IRONCAD Design Collaboration Suite は、3D 投影図の作成にプラスして2種類の 2D CAD を搭載しています。

一般的な機械図作成機能を搭載した CAXA Draft と投影図簡易作成用の 2D ドローイング(2D CAD)です。

IRONCAD ようこそ画面

ツールバーのアイコン

2D ドローイングは、IRONCAD 開発当初に投影図出力用の簡易 2D CAD として搭載されました。 その後、作図機能の充実を求めるユーザー様のご要望に応え、単独 2D CAD としての機能を持つ CAXA Draft が搭載されました。そのため、2 つには投影後に行えるコマンド能力に大きな違いがあります。

2Dドローイングについては、日本国内での操作サポートは行っておりません。 操作に関する資料やお問い合わせには対応できませんので、あらかじめご了承ください。

CAXA Draft は、IRONCAD 3D モデルと関連づけた部品表等のカスタマイズ機能を持ち、DWG を高い互換性で読み込み、そのまま編集を行えます。 このような理由から CAXA Draft のご使用をおすすめしています。

Back to top