コンテンツにスキップ

投影図の構成要素のレイヤーを指定

投影図の構成要素ごとに投影先のレイヤーを CAD レベルで設定します。

[ツール]タブ → [オプション] をクリックすると、[オプション]画面 が立ち上がります。

オプション

[オプション]画面 → [3Dインターフェース] を選択します。

オプション画面

[線の属性] で投影図で使用する線(外形線、隠線、フィレット線、中心線、ベンド線、破断線、破断面の境界、引出線、詳細ビューの境界、略図ねじ山、ハッチング)ごとにレイヤーを設定します。

ByLayer は、レイヤーにセットされた情報を読み込む設定です。 レイヤーを作成する際にあらかじめ色、線種、線の太さをセットして ByLayer で呼び出せば、作図のたびに線分を定義する必要がありません。

Back to top