コンテンツにスキップ

オフセット

既存のオブジェクトからオフセット図形を作成します。

対象オブジェクトは、線分、円弧、円、隋円、ポリライン曲線、スプライン曲線などです。


offset

[作図]タブ → [オフセット] を選択します。

オフセット

単一で選択

図形を単一の線としてオフセットします。

[1.]単一で選択

[2.]距離/交点

オフセット距離を数値で指定する場合は [距離] を選択します。

図形までオフセットする場合は [交点] を選択します。

[3.]1方向/2方向

1方向にオフセットするか、線を境に2方向にオフセットするかを選択します。

[4.]塗りつぶしなし/塗りつぶしあり

オフセットした線までの間を塗りつぶすかどうかを選択します。

[5.距離]

[2.] で [距離] を選択すると表示されます。

オフセット距離を入力します。

[6.回数]

オフセットを繰り返す回数を入力します。

[7.]ソース オブジェクトを保持する/ソースオブジェクトを削除する

元の図形を残す場合は [ソース オブジェクトを保持する] を選択します。

元の図形を残さない場合は [ソースオブジェクトを削除する] を選択します。

[8.]ソース オブジェクトの属性を使用する/現在の属性を使用する

オフセット図形に適用する属性(レイヤー、線種や線の太さ、色など)を選択します。

元の図形の属性を使用する場合は [ソース オブジェクトの属性を使用する] を選択します。

現在の属性(オブジェクトが非選択の状態で設定されている属性)を利用する場合は [現在の属性を使用する] を選択します。

単一で選択のインスタンスメニュー


オブジェクトを選択します。

インスタンスメニュー [3.] で [1方向] を選択した場合は、黄色い矢印が表示されるので、オフセット方向を指定します。

インスタンスメニュー [2.] で [交点] を選択した場合は、オフセット先として別の図形を選択します。

オフセットが作成されます。

単一で選択

[単一で選択] の場合、単一の図形としてオフセットされる

連続で選択

図形を複数の線に分割してオフセットします。

[1.]連続で選択

[2.]距離/交点

オフセット距離を数値で指定する場合は [距離] を選択します。

図形までオフセットする場合は [交点] を選択します。

[3.]1方向/2方向

1方向にオフセットするか、線を境に2方向にオフセットするかを選択します。

[4.]鋭角なコーナーと接続/円弧と接続

円弧と直線をつなぐ場合の動作を選択します。

円弧と直線を鋭角でつなぐ場合は [鋭角なコーナーと接続] を選択します。

円弧と直線を円弧でつなぐ場合は [円弧と接続] を選択します。

[5.]塗りつぶしなし/塗りつぶしあり

オフセットした線までの間を塗りつぶすかどうかを選択します。

[6.距離]

[2.] で [距離] を選択すると表示されます。

オフセット距離を入力します。

[7.回数]

オフセットを繰り返す回数を入力します。

[8.]ソース オブジェクトを保持する/ソースオブジェクトを削除する

元の図形を残す場合は [ソース オブジェクトを保持する] を選択します。

元の図形を残さない場合は [ソースオブジェクトを削除する] を選択します。

連続で選択のインスタンスメニュー


オブジェクトを選択します。

インスタンスメニュー [3.] で [1方向] を選択した場合は、黄色い矢印が表示されるので、オフセット方向を指定します。

インスタンスメニュー [2.] で [交点] を選択した場合は、オフセット先として別の図形を選択します。

オフセットが作成されます。

連続で選択

[連続で選択] の場合、分割してオフセットされる

鋭角なコーナーと接続 円弧と接続

左図:インスタンスメニュー[4.] で [鋭角なコーナーと接続] を選択した場合、右図:[円弧と接続] を選択した場合
Back to top