コンテンツにスキップ

点(点オブジェクト)を作成します。

図面上に自由に配置する単点、図形に沿って等間隔で配置する等長点、等点があります。

点は主に参照点(補助点)として使われます。


point

[作図]タブ → [点] を選択します。

点

インスタンスメニューで独立点、等長点、等点のいずれかを選択します。

点と図形が重なると、点を判別しづらくなります。点スタイルを設定することで、点がはっきり見えるようになります。

独立点を作成する場合

独立点のインスタンスメニュー

[1.]独立点


点をクリック、または座標値を入力して点を作成します。

[Space]キー を押すとメニューが開き、図形の端点、中間点、中心点などスナップする対象を選択できます。

等長点(図形に沿って等間隔で配置する点)を作成する場合

等長点のインスタンスメニュー

[1.]等長点

[2.分割]

図形の分割数を入力します。図形自体は分割されません。


図形を選択します。

等長点

円弧を10等分する位置に点を作成した例

等点(図形に沿って指定間隔で配置する点)を作成する場合

等点

[1.]等点

[2.]円弧長さを指定/2点で円弧長さを指定

点間の長さを数値で指定する場合は [円弧長さを指定] を選択します。

点間の長さを点で指定する場合は [2点で円弧長さを指定] を選択します。

[3.円弧長さ]

前項目で [円弧長さを指定] を選択すると表示されます。

点間の長さを入力します。

[4.分割]

図形の分割数を入力します。


図形を選択します。

始点を指定します。

インスタンスメニュー [2.] で [2点で円弧長さを指定] を選択した場合は、2点目を指定します。

黄色の矢印が表示されるので、点を配置する方向を指定します。

等点

円弧に沿って10mm間隔で3分割の点を作成した例

点スタイルの設定

[ツール]タブ → [点スタイル] を選択します。

点スタイル

[点スタイル]画面 が表示されます。

点スタイル

使用する点スタイルを選び、[OK] をクリックします。

設定した点スタイルは、作図画面上でのみ表示されます。印刷には影響しません。

Back to top