コンテンツにスキップ

データム記号

基準となる面(線、円弧、点)にデータム記号を作成します。

datum

[寸法]タブ → [データム記号] を選択します。

データム記号

コマンドを起動すると、インスタンスメニューが表示されます。

データム寸法

データム寸法を作成します。

データム記号

[1.]データム寸法

[2.]指定のデータム/任意のデータム

一般的なデータム記号を使用する場合は [指定のデータム] を選択します。

[データム記号スタイル] で設定したデータム記号を使用する場合は [任意のデータム] を選択します。

[3.]既定/引出線

前項で [指定のデータム] を選択すると表示されます。

選択した面に直接記号を配置する場合は [既定] を選択します。

選択した面から引出線を伸ばして記号を配置する場合は [引出線] を選択します。

[4.データム名]

[5.]Intelligent End/Intelligent End をキャンセルする

インスタンスメニュー [3.] で [引出線] を選択すると表示されます。

[Intelligent End] を選択した場合は、システムが判断したタイミングで記号が配置されます。

[Intelligent End をキャンセルする] を選択した場合は、右クリックで確定するまで記号は配置されません。


基準となる面(線、円弧、点)を選択すると、配置ガイドが表示されます。

対象が線や円弧の場合、線や円弧を境にどちら側に配置するかを選択します。

対象が点の場合、配置する方向を角度入力で指定、またはクリックで指定します。

配置点をクリックして、記号を配置します。

データムターゲット

データムターゲットを作成します。

データム記号

[1.]データムターゲット

[2.]記号/位置

ターゲット記入枠とターゲット記号を両方表示する場合は [記号] を選択します。

ターゲット記号のみ表示する場合は [位置] を選択します。

[3.]真っ直ぐな引出線/水平に折れた引出線/垂直に折れた引出線

引出線の形状を選択します。

インスタンスメニュー [2.] で [記号] を選択すると表示されます。

[4.上の表記]

インスタンスメニュー [2.] で [記号] を選択すると表示されます。

[5.下の表記]

インスタンスメニュー [2.] で [記号] を選択すると表示されます。


基準となる面(線、円弧、点)を選択すると、配置ガイドが表示されます。

配置する方向を角度入力で指定、またはクリックで指定します。

配置点をクリックして、記号を配置します。

データム記号スタイルについては、以下をご参照ください。

参照:データム記号スタイル

Back to top