コンテンツにスキップ

図枠/表題欄の属性定義

図枠の属性定義を行う場合は、[レイアウト]タブ → [図枠の編集] をクリックします。

図枠の属性定義

表題欄の属性定義を行う場合は、[レイアウト]タブ → [表題欄の編集] をクリックします。

表題欄の属性定義

リボンタブに [ブロックの編集]タブ が表示され、ブロック編集モードに入ります。

表題欄の属性定義


定義した図枠が完全に分解されていなかった場合は、ブロックの編集に入る前に [ブロックの選択]画面 が表示されます。

ブロックの選択


[属性の定義] をクリックすると、[属性の定義]画面 が表示されます。

属性の定義

[名前:] に属性名を入力します。

[配置モード] で属性を表示する枠を指定します。

  • [1点]:点をクリックして配置します。
  • [2点間]:枠線の対角線をなす2点を指定します。閉じたセルがない場合に自由に枠を設定できます。
  • [境界を検索]:完全に閉じたセルの内側をクリックすると、枠を自動で認識します。

テキストの配置やスタイルを設定し、[OK] をクリックします。

[配置モード] で指定した方法でテキストを配置します。

テキストの配置

[名前:] に「品名」、[配置モード] に [2点間] を設定した場合のテキストの配置(2点をクリックして枠を指定)

テキストの設定変更/再配置

テキストの設定を変更するには、配置した属性をダブルクリックして [属性の定義]画面 を開きます。

配置位置を変更するには、配置した属性をダブルクリックして [属性の定義]画面 を開き、画面左下に新たに表示される [再配置する] にチェックを入れます。

属性の定義


全属性を入力し終えたら、[ブロックの編集]タブ → [終了] をクリックします。

終了

「変更を保存しますか?」と問われるので、[はい] をクリックします。

変更を保存しますか

「現在のブロックの属性を変更しますか?」と問われるので、[はい] をクリックします。

現在のブロックの属性を変更しますか

[属性の編集]画面 が表示されます。何も入力せずに [OK] をクリックします。

属性の編集

図枠/表題欄テンプレートの上書き

属性を定義したら、図枠/表題欄テンプレートを上書きします。

図枠の場合は、[レイアウト]タブ → [図枠の保存] をクリックします。

図枠の保存

図枠テンプレート(.cfm形式)を上書きします。

表題欄の場合は、[レイアウト]タブ → [表題欄の保存] をクリックします。

表題欄の保存

表題欄テンプレート(.chd形式)を上書きします。

定義した属性を変更するには、図枠/表題欄を分解する必要があります。属性定義後、図枠/表題欄を定義しなおします。

Back to top