コンテンツにスキップ

テンプレートの保存

[メニュー] → [ファイル] → [名前を付けて保存] をクリックします。

名前を付けて保存

[名前を付けて保存]画面が表示されます。

[ファイル名] を入力します。わかりやすい名前をつけることをおすすめします。

[ファイルの種類] で CAXA Draft テンプレートファイル形式(.tpl)を選択し、[保存] をクリックします。

名前を付けて保存

IRONCAD を [管理者として実行] で起動していない場合、テンプレートを既定のフォルダーに直接保存することはできません。任意のフォルダーに一旦保存し、後から既定のフォルダーに移動します。

テンプレートを既定のフォルダーに保存

保存した tpl ファイルを既定のフォルダーに保存すると、新規作成時にテンプレート一覧から選択できるようになります。

保存フォルダーの確認方法

[ツール]タブ → [オプション] をクリックし、[オプション]画面 を表示します。

左のメニューから [パス] をクリックすると、 右側に各ファイルの保存場所が表示されます。

[テンプレートの場所] のツリーを開き、[ユーザー定義] もしくは [システム定義] のパスを選択します。

[開く] をクリックすると、当該フォルダーが開きます。

[システム定義] のパスにはフォルダーが 4 つあります。

システム定義

作成したテンプレートは [JIS]フォルダー に格納します。

[システム定義] の場所にオリジナルのフォルダーを作成しても、有効になりません。

他の設計者とテンプレートを共有する際は、オプション設定ファイル(マッチングルールが含まれる)も共有する必要があります。

Back to top