コンテンツにスキップ

ユーザーインターフェースと各部名称

CAXA Draft のユーザーインターフェースは、初期設定では下画像のように配置されています。

ユーザーインターフェース

① 作図領域:

図形を作成し、印刷する範囲です。

② リボン:

各操作、編集コマンドが項目ごとにタブ分けされています。

③ ステータスバー:

画面表示、操作状態の表示、現在のツールの位置、選択状態の表示など、現在のステータスに関する情報を表示します。

ステータスバー

  1. コマンド操作中に、ヒントや補助的なメッセージが表示されます。線分コマンドを実行した場合は、最初の開始点と終了点を問われます。何も操作していないときは、コマンド待機の状態となり、「コマンド:」とだけ表示されます。
  2. 現在選択中のコマンドが表示されます。(例:寸法の場合は D Dim)

  3. カーソルの位置の座標(X,Y)を表示します。

  4. オブジェクトの選択状態を表示します。選択されている場合は [選択]、選択されていない場合は [スクリーン] と表示されます。

  5. クリックで直交モードのON/OFFを切り替えます。直交モードがONになると、水平/垂直の線分を描くことができます。

  6. クリックで線の太さを切り替えます。

  7. クリックでダイナミック入力モードのON/OFFを切り替えます。ダイナミックモードがONになると、カーソルに追従する形で、コマンドの補助メッセージと距離や角度などの入力欄が表示されます。

  8. スナップモードを選択します。(Free、Intelligent、Grid、Guide)

④ プロパティ:

選択中の図面要素のレイヤーや線種などの属性、位置などのさまざまなプロパティ情報を表示します。

プロパティを表示するには、[プロパティ] にカーソルをあてます。カーソルを外すと自動的に折りたたまれます。

プロパティを常に表示する

プロパティを常に表示させるには、プロパティ画面の右上にあるピンのマークをクリックして固定します。固定されると、ピンのマークが立った状態になります。

プロパティを常に表示する

⑤ 投影図ツリー:

CAXA Draftで作成する投影図専用の情報表示画面です。

投影図ツリーを表示するには、[投影図ツリー] にカーソルをあてます。カーソルを外すと自動的に折りたたまれます。

投影図ツリーを常に表示する

投影図ツリーを常に表示させるには、投影図ツリー画面の右上にあるピンのマークをクリックして固定します。固定されると、ピンのマークが立った状態になります。

⑥ インスタンスメニュー:

インスタンスメニューは、コマンド操作をアシストする機能です。

何も操作を行っていない時には表示されません。

何らかの操作を行うと、そのコマンドに応じたメニューが表示されます。

例えば円の作図を行う場合は、円の作図方式、半径値、中心線のあり無しなどの設定メニューが表示されます。

⑦ クイックアクセスツールバー:

頻繁に使用するメニューのショートカットアイコンが並んでいます。 カスタマイズも可能です。

Back to top