コンテンツにスキップ

アセンブリの作成と解除

IRONCAD でのアセンブリの作成、解除の方法は、いたって簡単です。

アセンブリ化することで、アセンブリ単位での編集が可能となります。

作成したアセンブリをひとつの塊として、表示/非表示の設定、TriBall による移動やコピー、カタログへの登録、拘束定義などが行えます。

一時的な編集のためだけに複数パーツをまとめる場合は、アセンブリ化ではなく、グループ化の機能を使用します。

アセンブリ作成

複数のパーツ/アセンブリを選択し、[アセンブリ]タブ → [アセンブリを作成] をクリックします。

アセンブリを作成

アセンブリ化を実行すると、シーンブラウザにアセンブリアイコンが作成されます。

選択中のアセンブリはエッジが黄色くハイライトされます。

アセンブリアイコン横の [+]ボタン をクリックしてアセンブリ構造を展開すると、アセンブリを構成しているパーツ名が表示されます。

アセンブリ

作成したアセンブリは、アセンブリユニットとしてさまざまなアセンブリプロパティ情報を付け足すことができます。(アセンブリを右クリック → [アセンブリプロパティ])

アセンブリを選択した状態でカタログからパーツを追加すると、追加パーツは選択アセンブリに属するものとなります。

アセンブリ作成直後は干渉チェックを行うことをおすすめします。(モデリングが進んだ段階で干渉を検出すると手直しに時間がかかるため)

アセンブリを解除

作成したアセンブリを選択し、[アセンブリ]タブ → [アセンブリを解除] をクリックすると、元のバラバラのパーツに戻ります。

アセンブリ

解除が実行されるのは選択中のアセンブリ構造のみで、その上層、下層にあるアセンブリは解除されません。

アセンブリ作成、解除コマンドは、取り消し(UNDO)できません。解除の際は特にご注意ください。

Back to top