コンテンツにスキップ

アセンブリ構造の変更

シーンブラウザでアセンブリ構造を展開し、目的のパーツ/アセンブリをドラッグすることでアセンブリ構造を変えること(パーツ/アセンブリをアセンブリ内に組み込む、あるいはパーツ/アセンブリをアセンブリの外に除外)ができます。

画像の例では、トップアセンブリである「ギアボックス」Assyの直下に組み込まれているパーツ「スターターモーター」をドラッグし、サブアセンブリ「スターターギア」の下に組み込んでいます。

アセンブリ構造を変更

組み込み可能な場合は、組み込み位置を示す黒いラインが表示されます。

ドラッグを止めてドロップすると、スターターモーターがスターターギアアセンブリの構成要素に加わったことが確認できます。

アセンブリ構造を変更

アセンブリ内からパーツ/アセンブリを除外する場合は、パーツを選択後にアセンブリの外までドラッグします。

ドラッグによるアセンブリ構造の変更は、取り消し(UNDO)できません。

リンクの動作

リンク付きのパーツをアセンブリの外に出す際に、リンクの処理を問うダイアログが表示されます。

リンクの動作

構造によってはリンクを保持した状態でも扱えますが、アセンブリをまたぐリンクは構造が複雑化するので、[リンクを解除] して組み換えることをおすすめします。

アセンブリの組み換えを行う際は、履歴の操作も行っていることにご注意ください。

Back to top