コンテンツにスキップ

押し出し

断面図形に高さを持たせ、3D 形状を作成します。

既存の図形に対しては、押し出し形状の追加または押し出し形状による型抜きを行うことができます。

押し出し

押し出し機能を使用することで、断面図を持たない面(ブロックの側面など)に断面図を作成できます。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


[フィーチャ]タブ → [押し出し] のプルダウンメニューから [押し出し] を選択します。

押し出し

シーン上に何もない場合は、自動的に 2D スケッチモードが起動します。

シーン上にオブジェクトがある場合は、プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

押し出し

既存のパーツとして押し出し形状を作成する(既存のパーツの形状を変更する)場合は、[オプション] → [シーンからパーツを選択する] を選択し、シーンから対象のパーツを選択します。

新しいパーツとして押し出し形状を作成する場合は、[オプション] → [新しいパーツを作成する] を選択します。

プロパティブラウザの項目が切り替わり、[断面図形] → [断面図形] が赤くハイライトされます。

押し出し

シーン上で断面図形を選択します。

[断面図形] → [断面図形] のボックスに選択した断面図形が表示されます。


断面図形を作成する場合

[断面図形] → [断面図形] のプルダウンメニューから作図平面を配置する座標軸を選択します。

押し出し

2D スケッチの配置と作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

2D スケッチモードを終了すると、押し出しに戻ります。


[断面図形] →[内側へ傾斜する] にチェックを入れると、押し出す方向の内側に向かって勾配をつけます。

チェックを入れた場合は、[角度] に勾配の角度を入力します。

[方向1] → [奥行] で、押し出し距離の設定方法を選択します。

押し出し 指定した高さで押し出します。

[押し出し] に数値を入力、またはハンドルをドラッグして高さを設定します。

すべて貫通 パーツ/ボディを貫通する高さで押し出します。

頂点まで 選択した頂点まで押し出します。

表面まで 選択した表面/面まで押し出します。

作成された押し出し形状は、選択した面と結合し、面が修正されると更新されます。

次の面まで 自動的に表面/面まで押し出します。

作成された押し出し形状は、選択した面と結合し、面が修正されると更新されます。

面まで 選択した面まで押し出します。

作成された押し出し形状は、選択した面と結合し、面が修正されると更新されます。 断面図形が完全に選択面の境界内にある場合のみ使用できます。 断面図形が面の境界外にある場合は、押し出し形状を作成できません。この場合は [表面まで] を使用します。

中心 選択した断面図形を 2 方向に同じ距離押し出します。

断面図形からサーフェスを作成する場合は、[全般] → [サーフェスを生成する] にチェックを入れます。指定した高さまで線を押し出す形でサーフェスが作成されます。

押し出し形状を既存のパーツに追加する場合は、[全般] → [形状を追加] を選択します。

押し出し形状で既存のパーツを型抜きする場合は、[全般] → [形状で削除] を選択します。

[✓] をクリックすると、押し出し形状が作成されます。

Back to top