コンテンツにスキップ

インポート

IRONCAD 以外のデータ形式のファイルを読み込みます。

データの安全性を考慮して、現在作成中のモデルではなく、いったん新規ファイルにインポートすることをおすすめします。

[アセンブリ]タブ → [インポート] をクリックします。

インポート

[ファイルのインポート]画面 が表示されます。

[メニュー] のプルダウンメニューから [インポート オプション] を選択します。

インポート

インポートオプション画面が表示されます。

インポート オプション

[OK] をクリックして設定を終了します。

ファイルを選択し、[開く] をクリックします。

インポート可能な形式については、IRONCAD のウェブサイトをご参照ください。

参照:IRONCAD ウェブサイト

ファイル形式の選び方

中間ファイルの種類によってデータ精度が異なります。なるべくデータ精度の高いファイル形式でご用意ください。

比較的高い精度でインポートできる中間ファイル形式は、ACIS と Parasolid です。

IRONCAD はバイナリ形式データに対応していません。Parasolid データはテキスト形式でご準備ください。

STEP は形状の破損は少ない方ですが、ソリッドの定義が抜けてサーフェス化してしまうことがあります。

IGESは、基本形状以外の情報を保持できず、サーフェス化、ワイヤー化してしまうことがほとんどです。 可能な限り IGES 以外の中間ファイルをご準備ください。

Translator のライセンスをお持ちの場合は、他社 CAD のネイティブデータをおすすめします。

破損の修復方法

インポートしたモデルに破損が見られる場合、2 つの方法で修復を試します。

再生成

再生成をかけることでパラメトリの再定義を行います。

参照:再生成

ビーレップの修復

シーンブラウザのツリーを開き、ビーレップを選択して右クリック → [修復] をクリックします。

ビーレップの修復

[修復] を実行することで破損個所を修繕できる場合があります。

モデリングカーネルの切り替え

インポートしたパーツのモデリングカーネルを切り替えます。

Parasolid の場合は ACIS に、ACIS の場合は Parasolid に変更します。

参照:カーネルの切り替え


上述の方法で修復できない場合、以下をお試しください。

  • インポートオプション設定を変更してインポートをやり直す
  • IRONCAD で破損部分を作成し直す
  • 別のファイル形式を取得
Back to top