コンテンツにスキップ

簡単ロフト

簡単な設定で、既存の断面図形からロフト形状を作成します。

2D の作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


複数の断面図形を選択し、右クリック → [ロフト] を選択します。

ロフト

[ロフトの作成]画面 が表示されます。

ロフト

[ロフト]タブ で設定を行います。

作成

種類

作成するパーツの種類を [ソリッド] または [サーフェス] から選択します。


独立したパーツを作成する場合は、[形状を独立させる] を選択します。

既存のパーツにロフト形状を追加する場合は、[追加する] を選択します。

既存のパーツをロフト形状で型抜きする場合は、[削除する] を追加します。

対象パーツ

既存のパーツを選択すると、ボックスに表示されます。

ガイドライン

ガイドラインとして 3D 曲線を選択できます。

[図形の追加] をクリックします。

あらかじめ作成しておいた 3D 曲線を選択すると、ボックスに選択した 3D 曲線が表示されます。

ガイドラインを指定すると、中心線は選択できなくなります。

中心線

中心線として 2D スケッチを選択できます。

[中心線の追加] を選択します。

終了して重大マッチ点を選択する

チェックを入れた場合、設定画面を閉じた後、重大マッチ点の設定を行います。


[OK] をクリックします。

[終了して重大マッチ点を選択する] にチェックを入れていない場合は、ロフト形状が作成されます。

[終了して重大マッチ点を選択する] にチェックを入れた場合は、[3D 曲線] のコマンドブラウザ が表示されます。

ロフト

3D 曲線の作成方法については、3D 曲線のページをご参照ください。

参照:3D 曲線

[✓] をクリックすると、ロフト形状が作成されます。

Back to top