コンテンツにスキップ

ロフトウィザード

ウィザード形式(対話形式)で設定しながらロフト形状を作成します。

ロフトウィザードにおいては、中心線の長さに対し、断面図形を等間隔に配置します。

断面図形を新規で作成する場合に使用します。

既存の断面図形がある場合は [ロフト] を使用します。

参照:ロフト

参照:簡単ロフト

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


[フィーチャ]タブ → [ロフト] のプルダウンメニューから [ロフトウィザード] を選択します。

ロフトウィザード

シーン上に何もない場合は、[ロフトウィザード]画面 が表示されます。

シーン上にオブジェクトがある場合は、[2D断面図形配置ツールバー] のコマンドブラウザが表示されます。

ロフトウィザード

[2D断面図形配置ツールバー] → [配置] → [平面の種類:] のプルダウンメニューから作図平面の配置方法を選択し、配置点を選択すると、[ロフトウィザード]画面 が表示されます。

設定のステップは 4 段階に分かれています。

ステップ 1/4

ロフトウィザード

新しいシェイプの作成方法を選択します:

独立したパーツを作成する場合は、[形状を独立] を選択します。

既存のパーツにロフト形状を追加する場合は、[形状を追加] を選択します。

既存のパーツをロフト形状で型抜きする場合は、[形状で削除] を追加します。

ソリッド/サーフェスを選択します:

ソリッドとサーフェスのどちらを作成するのかを選択します。


[次へ] をクリックします。

ステップ 2/4

ロフトウィザード

断面図形の数:

断面図の数を設定する場合は [指定の数] を選択し、数値を入力します。

自動計算させる場合は [自動計算] を選択します。

自動計算の条件は [オプション] で設定できます。


[次へ] をクリックします。

ステップ 3/4

ロフトウィザード

断面図形の種類

断面図形をスケッチする場合は、[ユーザー設定] を選択します。

[四角形]、[円形] を選択した場合は、自動的に四角形または円形の断面が作成されます。これらは大きさや形を設定できません。(作成後に編集可)

基準平面ガイドラインの種類

作図平面にデフォルトで表示されるガイドラインの種類を選択します。

[直線]、[円弧]、[ベジェ曲線] のいずれを選択しても、作図平面で作図し直すことができます。

あらかじめガイドラインとなる 2D スケッチを用意している場合は、[2D 図形を選択] を選択します。

ステップ 4/4

ロフトウィザード

グリッドを表示しますか?:

グリッドを表示する場合は [はい] を選択します。

グリッドを表示せず、作図平面と軸だけを表示する場合は [いいえ] を選択します。

グリッド線の間隔を設定します:

[メジャー] ではグリッド線の大きな区切りの間隔を mm で設定します。(例:20)

[マイナー] ではグリッド線の間隔を mm で設定します。(例:5)


[終了] をクリックし、設定を終了します。

ガイドラインが直線、円弧、ベジェ曲線の場合

ガイドラインの作図平面が表示されます。

2D の作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

2D スケッチモードを終了します。

断面図形の種類を四角または円形に設定した場合は、ロフト形状が作成されます。

断面図形の種類をユーザー設定に設定した場合は、断面図形の作図平面と [ロフト断面図形]画面 が表示されます。

ロフト形状が作成されます。

ガイドラインが 2D 図形の場合

[中心線の選択]画面 が表示されます。

用意しておいた 2D 図形を選択し、[OK] をクリックします。

断面図形の種類を四角または円形に設定した場合は、ロフト形状が作成されます。

断面図形の種類をユーザー設定に設定した場合は、断面図形の作図平面と [ロフト断面図形]画面 が表示されます。


断面図形をスケッチします。

[次の断面図形] をクリックすると、次の断面図形の作図平面に移動します。

すべての断面図形を作図後、[終了] をクリックすると、ロフト形状が作成されます。

Back to top