コンテンツにスキップ

ロフト

複数の断面図を使用し、断面パス、中心線、またはガイドラインに沿って、フィレットをかけながら 3D シェイプを作成します。

ロフト

曲面の多い形状や、ツイスト形状などの複雑なモデルを作成する際に便利です。

ガイドラインを使用すれるとより編集しやすくなります。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。

複数の断面図の作成

断面図を作成します。 断面図が多いほどモデリングの精度が上がります。

最初に作成した断面図を TriBall でコピーして編集することで、位置を合わせながら複数の断面図を作成できます。

作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

ブロックや円柱などの面を断面図形として利用することもできます。

[ロフト]コマンド の実行

[フィーチャ]タブ → [ロフト] のプルダウンメニューから [ロフト] を選択します。

ロフト

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

ロフト

既存のパーツとしてロフト形状を作成する(既存のパーツの形状を変更する)場合は、[オプション] → [シーンからパーツを選択する] を選択し、シーンから対象のパーツを選択します。

新しいパーツとしてロフト形状を作成する場合は、[オプション] → [新しいパーツを作成する] を選択します。

プロパティブラウザの項目が切り替わり、[断面図形] → [断面図形] が赤くハイライトされます。

ロフト

断面図の選択

シーン上で断面図形を順番に選択していきます。

[断面図形] → [断面図形] のボックスに選択した断面図形が表示されます。

シーンでは、選択した順番で断面図形に番号が表示されます。同時にロフト形状のプレビューが表示されます。

[断面図形] → [断面図形] のボックスの矢印で断面図形の順番を変更することができます。(シーンには反映されません)


断面図形を作成する場合

[断面図形] → [断面図形] のプルダウンメニューから作図平面を配置する座標軸を選択します。

2D スケッチの配置と作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

2D スケッチモードを終了すると、ロフトに戻ります。

参照するオブジェクトが存在しない場合、作図平面を思い通りに配置するのが難しいため、前もって断面図を作成しておくことをおすすめします。

重大マッチ点の設定

断面図形同士をつなぐポイント(マッチ点)を作成します。

マッチ点は 3D 曲線のスプラインで作成します。

[重大マッチ点] → [重大マッチ点の追加] をクリックすると、3D 曲線 の作成画面に切り替わります。

[✓] をクリックして 3D 曲線の作成を終了すると、ロフトに戻ります。

形状の正負の選択

ロフト形状を既存のパーツに追加する場合は、[全般] → [形状を追加] を選択します。

ロフト形状で既存のパーツを型抜きする場合は、[全般] → [形状で削除] を選択します。


[✓] をクリックすると、ロフト形状が作成されます。

作成したロフト形状を編集

作成したロフト形状を編集します。

断面図の編集

作成したロフト形状をダブルクリックすると、使用した断面図の番号が表示されます。

断面図の番号の上で右クリック → [断面図形を編集] を選択します。

2D スケッチモードが起動し、[ロフト断面図形の編集]画面 が表示されます。

[前の図形]、[次の図形] で修正する図形を変更できます。

[終了] をクリックすると、変更がロフト形状に反映されます。

設定の編集

作成したロフト形状をダブルクリックすると、使用した断面図の番号が表示されます。

断面図の番号以外のところで右クリック → [フィーチャを編集] を選択します。

プロパティブラウザに各種オプション項目が表示されます。

[✓] をクリックすると、変更が反映されます。

Back to top