コンテンツにスキップ

IntelliShape のサイズ編集

カタログからドロップしたアイテムのサイズ(長さ、幅、高さ。円形状のものであれば径)の大きさと形状を変更します。

サイズ編集ハンドルのドラッグ操作

選択状態を IntelliShape にしたときに形状の面から突き出ている赤いピンが、サイズ編集ハンドルです。

マウスカーソルをピンに合わせると、カーソルが手の形状に変化します。

いずれかのピンをマウスでつかみ(カーソルが手の形状に変化したときにクリック)、引っ張ったり押したりすることで、サイズを伸縮することができます。

サイズ編集ハンドル

ハンドルのスナップ

[Ctrl]キー を押しながらサイズ編集ハンドルをドラッグすると、[共通]タブ → [ハンドルのスナップ] → [スナップでの増減量] で設定した数値単位で引っ張る(押す)方向に伸縮します。

サイズ編集ハンドルのダブルクリック操作

いずれかのサイズ編集ハンドルをダブルクリックすることで、サイズ編集ボックスを呼び出すことができます。

サイズ編集ハンドル

サイズ編集ボックスには、足し算 [+]、引き算 [-]、掛け算 [*]、割り算[/] の数式を入力できます。

サイズ編集ボックスに数値を入力してサイズを指定します。 初期設定では、サイズは選択したサイズ編集ハンドルの反対側の面を基準に、指定した数値まで伸縮します。

円柱の場合、側面の4つのサイズ編集ハンドルで直径の値を編集できます。

指定サイズの均等割り付け

対となるサイズ編集ハンドルの中間点から、均等にサイズを割り付けることができます。

サイズ編集ハンドルを選択し、[Ctrl]キー を押しながら対となるハンドルをクリックします。

もしくは、サイズ編集ハンドルを選択し、対称ハンドルをクリックします。

指定サイズの均等割り付け

対となるハンドルのピンがどちらもアクティブ状態(編集中の状態で黄色く表示)になっていることを確認し、サイズ編集ハンドルの中心に表示されるサイズの数値入力ボックスからサイズを指定します。

サイズ編集ハンドルの右クリック操作

IntelliShape 選択状態で、いずれかのサイズ編集ハンドルを右クリックすることで、サイズ編集用の右クリックメニューを呼び出します。

サイズ編集ハンドルの右クリック

サイズボックスを編集:

入力ボックスで、長さ、幅、高さを数値で指定します。

サイズボックスを編集

サイズ編集ボックスには、足し算 [+]、引き算 [-]、掛け算 [*]、割り算[/] の数式を入力できます。

サイズボックス編集を行う際の基準面は、右クリックしたサイズ編集ハンドルの反対側の面です。

例えばサイズ編集ボックスで穴深さと幅を同時に変更する場合、穴の底のハンドルをクリックすることで、穴の上面を基準面にできます。

また、基準面とは対をなさない方向の数値を編集すると、センターからの均等割りになります。

スナップ増分を変更:

サイズ変更のスナップ単位を設定します。 [Ctrl]キー を押しながらサイズ編集ハンドルをドラッグすると、設定した数値単位でサイズの伸縮を行えます。[共通]タブ → [ハンドルのスナップ] でも同じ設定ができます。

点まで:

この操作を選択後、目的点としてエッジや面などをクリックすると、サイズがその位置まで伸縮します。

中心点まで:

この操作を選択後、目的点として円柱や穴をクリックすると、サイズがその円柱や穴の中心点まで伸縮します。

中間点まで:

エッジの中間

エッジをクリックすることで、エッジの中間点までサイズを調整します。

2点の中間

点と点をクリックすることで、2点の中間点までサイズを調整します。

面と点の中間

面と点をクリックすることで、その中間点までサイズを調整します。

アクティブなハンドルとして設定/設定を解除:

サイズ編集ハンドルを選択して [アクティブなハンドルとして設定] すると、ハンドルがアクティブ(編集中の状態)に設定されます。 IntelliShape を編集する際に、この設定を行ったハンドルが優先的にアクティブになります。 この設定は、[アクティブなハンドルの設定を解除] しない限り維持されます。

標準のカタログのシェイプは、既定で [アクティブなハンドルとして設定] が有効になっています。

押し出し形状などのサイズ変更

IRONCADは、スケッチした断面から押し出しツールを使用して形状を作成することもできます。

ハンドルの突き出した方向のサイズ編集が可能です。

ハンドルのダブルクリック操作やサイズの均等割り付けはできません。

押し出しアイテムのハンドル

独自で作成したパーツは、IntelliShape 状態のハンドルの形状、表示位置、右クリックメニューの内容などがカタログからドラッグ&ドロップしたアイテムとは異なります。

押し出しアイテムの右クリックメニュー

Back to top