コンテンツにスキップ

ロフト

2 つの断面図形から板金を作成します。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。

板金ロフトの作成

2 つの断面図形を作成します。

ロフト

断面図形は、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 閉じた形状ではない(0.001ミリ以上開いている)
  • 角が滑らか(鋭角ではない)
  • 2 つの断面図形が持つ点の数が同じ

[板金]タブ → [ロフト] をクリックします。

ロフト

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

ロフト

[断面図形の選択] → [断面図形] が赤くハイライトされます。

シーン上で断面図形を順番に選択します。

[断面図形の選択] → [断面図形] のボックスに選択した断面図が表示されます。

シーンでは、選択した順番で断面図形に番号が表示されます。同時にロフト形状のプレビューが表示されます。

プレビューが表示されない場合は捻じれ形状になっているため、基準を選び直す必要があります。

[断面図形の選択] → [断面図形] のボックスの矢印で断面図形の順番を変更することができます。(シーンには反映されません)


断面図形を作成する場合

[断面図形の選択] → [断面図形] のプルダウンメニューから作図平面を配置する座標軸を選択します。

2D スケッチの配置と作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

2D スケッチモードを終了すると、ロフトに戻ります。


[✓] をクリックすると、板金のロフト形状が作成されます。

ロフト

板金ロフトの編集

作成したロフト形状を編集します。

断面図の編集

作成したロフト形状をダブルクリックすると、使用した断面図の番号が表示されます。

断面図の番号の上で右クリック → [断面図形を編集] を選択します。

ロフト

2D スケッチモードが起動し、[断面図形の編集]画面 が表示されます。

ロフト

[前の断面図形]、[次の断面図形] で修正する図形を変更できます。

[終了] をクリックすると、変更がロフト形状に反映されます。

設定の編集

作成したロフト形状をダブルクリックすると、使用した断面図の番号が表示されます。

断面図の番号以外のところで右クリック → [板金ロフトを編集] を選択します。

ロフト

プロパティブラウザに各種オプション項目が表示されます。

板厚の変更

[ストックの変更] をクリックします。

[ストックの選択]画面 が表示されるので、リストからの任意のストックを選択し、[OK] をクリックして画面を閉じます。

[✓] をクリックすると、変更が反映されます。

Back to top