コンテンツにスキップ

スケッチベンドの作成

板金パーツにベンド線をスケッチしてベンドを作成します。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


[板金]タブ → [スケッチベンド] をクリックします。

スケッチベンド

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

スケッチベンド

[板金パーツの面] → [スケッチ面] が赤くハイライトされます。

板金パーツの平面を選択すると、2D スケッチモードが起動し、作図平面が表示されます。

曲げる位置に線を作成します。

[終了] をクリックすると、2D スケッチモードが終了してスケッチベンドに戻ります。

プロパティブラウザが切り替わり、各種オプション項目が表示されます。

スケッチベンド

[ベンド線の選択] → [スケッチ] のボックスに作成した断面図形が表示されます。

[ベンド線の選択] → [固定されるジオメトリ] が赤くハイライトされます。

板金パーツの固定しておく領域を選択すると、黒い●が表示されます。

[ベンド線の選択] → [固定されるジオメトリ] のボックスに選択した領域が表示されます。

[選択されたベンド線のベンド線プロパティ] → [ベンド線] が赤くハイライトされます。

ベンド線が複数ある場合、ここで選択することで、曲げの角度や方向などを個別に設定できます。

シーンでベンド線を選択すると赤くハイライトされ、[選択されたベンド線のベンド線プロパティ] → [ベンド線] のボックスに表示されます。

方向を逆向きにする場合は、ベンド方向を反転する にチェックを入れます。

スケッチベンド

[角度] で曲げの角度を設定します。

[✓] をクリックすると、ベンドが実行されます。

スケッチベンド

Back to top