コンテンツにスキップ

作図

[スケッチ]タブ → [2D シェイプ]コマンド を起動すると、グレーアウトしていた作図機能が使用できるようになります。

[2D シェイプ]コマンド の起動と作図平面の配置については 2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

各コマンドを選択すると、画面左下に操作の手順が表示されます。

操作指示

指示に従って描画を行います。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。

ポリライン

線分または円弧を作成します。

[スケッチ]タブ → [ポリライン] をクリックします。

ポリライン

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

ポリライン

始点を指定した後、プロパティブラウザの [線/円弧を切り替え] をクリックすると、線分と円弧を切り替えることができます。

コマンドを終了するには [ESC]キー を押します。

2 点 / 接線 / 垂線

2 点を指定して線分を作成します。

[スケッチ]タブ → [2 点] のプルダウンメニューから線分の種類を選択します。

2 点 / 接線 / 垂線

各種補助線

[スケッチ]タブ → [中心線] のプルダウンメニューから補助線の種類を選択します。

補助線

これらの補助線は断面図としては表示されませんが、[中心線] はスピン形状を作成する際の軸となります。

長方形 / 平行四辺形 / 多角形 / 中心、長方形

[スケッチ]タブ → [長方形] のプルダウンメニューから角を持つ図形の種類を選択します。

長方形 / 平行四辺形 / 多角形 / 中心、長方形

[長方形] と [中心、長方形] は同じ長方形ですが、始点が異なります。(コーナーと中心)

中心、半径 / 3 点 / 2 点 / 1 接線、2 点 / 2 接線、1 点 / 3 接線

[スケッチ]タブ → [中心、半径] のプルダウンメニューから円の種類を選択します。

中心、半径 / 3 点 / 2 点 / 1 接線、2 点 / 2 接線、1 点 / 3 接線

3 点 / 中心、2 点 / 2 接線、1 点

[スケッチ]タブ → [3 点] のプルダウンメニューから円弧の種類を選択します。

3 点 / 中心、2 点 / 2 接線、1 点

楕円 / 楕円弧

[スケッチ]タブ → [楕円] のプルダウンメニューから楕円の種類を選択します。

楕円 / 楕円弧

B-スプライン / ベジェ曲線

[スケッチ]タブ → [B-スプライン] のプルダウンメニューから曲線の種類を選択します。

B-スプライン / ベジェ曲線

テキスト

[スケッチ]タブ → [テキスト] をクリックします。

テキスト

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

テキスト

[テキストプロパティ] のボックスにテキストを入力します。

[フォント] からフォントを選択します。

[テキスト高さ] でテキストのサイズを高さで設定します。

[テキストの位置] でテキストに対する基点の位置を選択します。

[基点:] でテキストを配置する基点の座標を設定します。もしくは作図平面上をクリックして基点を選択します。

[角度:] でテキストの向きを角度で設定します。

[✓] をクリックし、テキスト入力を終了します。

式曲線

計算式で曲線を作成します。

[スケッチ]タブ → [式曲線] をクリックします。

式曲線

[式曲線]画面 が表示されます。

式曲線

[座標系] [可変単位] [パラメーター変数] [式] を定義するか、既存の設定を使用します。

点を作成します。図形上に作成した場合、トリム用の点として使用できます。

[スケッチ]タブ → [点] をクリックします。

式曲線

投影

3D 形状を 作図画面に取り込みます。

[スケッチ]タブ → [投影] のプルダウンメニューから投影の種類を選択します。

投影

[投影拘束] は投影した図形に自動的に拘束をつける投影です。

選択したジオメトリが 作図グリッドに投影されます。

線同士を接続する

2 本の線のつなぎ目の点が赤い場合、線は接続していない状態です。

端点同士を重ねると、自動的に線は接続します。

端点同士が重なっているのに点が赤い場合は、点を選択し、右クリックメニューから [接続] を選択します。

接続

線の接続を解除する

2 本の線のつなぎ目の点が白い場合、線は接続した状態です。

白い点を選択し、右クリックメニューから [接続解除] を選択します。

接続解除

接続を解除することで、対象の線だけを編集できます。

点の位置を調整する

点を選択し、右クリックメニューから [位置を編集] を選択します。

位置を編集

点の座標を入力します。

位置を編集

点の位置を固定する

点の位置を固定することで、移動を制限し、ほかの拘束の影響を受けることを防ぎます。

点を選択し、右クリックメニューから [位置をロック] を選択します。

位置をロック

ロックされた点には、自動的に [固定] 拘束が作成されます。

解除する際は、右クリックメニューから [✓位置をロック] を選択します。

Back to top