コンテンツにスキップ

ルールド サーフェス

2 つのオブジェクト(曲線と曲線、曲線と点、曲線と面、法線と面)からサーフェスを作成します。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


[サーフェス]タブ → [ルールド サーフェス] をクリックします。

ルールド サーフェス

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

ルールド サーフェス

[ルールドサーフェスの種類] → [種類:] のプルダウンメニューから、2 つのオブジェクトの組み合わせを選択します。

組合わせによって、オプション項目の内容が変わります。

曲線-曲線

[選択] → [曲線] が赤くハイライトされます。

シーンから 2 つの線を選択します。

断面図形の線、3D 曲線、既存のパーツやサーフェスのエッジなどを選択できます。

[選択] → [曲線] のボックスに選択した線が表示されます。

曲線-点

[選択] → [曲線] が赤くハイライトされます。

シーンから線を選択します。

[選択] → [曲線] のボックスに選択した線が表示されます。

[選択] → [点] が赤くハイライトされます。

シーンから点を選択します。

断面図形の点、既存のパーツやサーフェス上の点などを選択できます。

[選択] → [点] のボックスに選択した点が表示されます。

曲線-面

[選択] → [曲線] が赤くハイライトされます。

シーンから線を選択します。

[選択] → [曲線] のボックスに選択した線が表示されます。

[選択] → [方向] が赤くハイライトされます。

シーンから方向を選択します。

断面図形のエッジ、既存のパーツやサーフェスのエッジなどを選択できます。

[選択] → [方向] のボックスに選択したエッジが表示されます。

選択したエッジ上に方向を示す青い矢印が表示されます。クリックすると向きを反転できます。

[選択] → [面] が赤くハイライトされます。

シーンから線を選択します。

[選択] → [面] のボックスに選択した面が表示されます。

必要に応じて [選択] → [テーパ角度] を設定します。

法線-面

[選択] → [面] が赤くハイライトされます。

シーンから線を選択します。

[選択] → [面] のボックスに選択した面が表示されます。

[選択] → [曲線] が赤くハイライトされます。

シーンから法線を選択します。

[選択] → [曲線] のボックスに選択した法線が表示されます。


[✓] をクリックすると、サーフェスが作成されます。

Back to top