コンテンツにスキップ

簡単スイープ

簡単な設定で、既存の断面図形からスイープ形状を作成します。

2D の作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

この方法では、2D パスはコマンドの途中で作成できますが、3D パスについては先に作成しておく必要があります。(2D パスを使用する場合、3D パスは不要です)

3D パスの作成については、3D 曲線のページをご参照ください。

参照:3D 曲線

断面図形を選択し、右クリック → [作成] → [スイープ] を選択します。

スイープ

[スイープの作成]画面 が表示されます。

スイープ

[スイープ]タブ で設定を行います。

作成

種類

作成するパーツの種類を [ソリッド] または [サーフェス] から選択します。


独立したパーツを作成する場合は、[形状を独立させる] を選択します。

既存のパーツにスイープ形状を追加する場合は、[追加する] を選択します。

既存のパーツをスイープ形状で型抜きする場合は、[削除する] を追加します。

対象パーツ

既存のパーツを選択すると、ボックスに表示されます。

ガイドライン

鋭角な角を持つパスを描いて、その通りにスイープさせる場合は [鋭角なコーナーを許可する] にチェックを入れます。

2D または 3D

パスの種類を選択します。


[OK] をクリックして設定を終了します。

パスの種類が 2D パス の場合

パスの作図平面が表示されます。

2D の作図方法については、2D シェイプのページをご参照ください。

参照:2D シェイプ

パスの 2D スケッチモードを終了すると、スイープ形状が作成されます。

パスの種類が 3D パス の場合

[3D ガイドラインの選択]画面 が表示されます。

3D 曲線を選択します。

3D 曲線に沿ってスイープ形状が作成されます。

Back to top