コンテンツにスキップ

親に固定

オブジェクトを親に固定します。

IntelliShape、パーツ、アセンブリの他にも、2D シェイプ、テキスト、3D 曲線などシーン上でアンカーを持つ要素に対して利用できます。

親とは

  • IntelliShape の場合は、パーツを指します。
  • アセンブリに含まれるパーツ/アセンブリ等の場合は、上位のアセンブリを指します。
  • アセンブリに含まれないパーツ/アセンブリ等の場合は、グローバル座標を指します。

要素を選択し、[ツール]タブ → [親に固定] をクリックします。

リボンバーメニュー

もしくは要素を選択し、右クリックメニュー → [親に固定する] をクリックします。

要素は親に対してアンカー位置をロックされます。

親に固定された要素はアンカーが固定マークに変わります。 シーンブラウザでは、アイコンの横に、親に固定されていることを示すピンのマークが表示されます。

親に固定アイコン

Back to top