コンテンツにスキップ

パーツ/アセンブリ断面

平面やブロックなどの切断ツールを使って、パーツ/アセンブリの 3D 断面を作成します。

パーツ/アセンブリを選択します。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


[ツール]タブ → [パーツ/アセンブリ断面] をクリックします。

パーツ/アセンブリ断面

選択したオブジェクトのアウトラインが白くハイライトされ、[パーツ/アセンブリ断面]のコマンドブラウザ が表示されます。

パーツ/アセンブリ断面

[パーツ/アセンブリ断面] → [切断線] → [切断ツールの種類:] のプルダウンメニューから、切断面の種類を選択します。

[ブロック] の切断ツールは半透明のブロック、それ以外は半透明の平面で、それぞれ向きが異なります。

[切断線オプション] → [切断ツールを定義]アイコン をクリックします。

パーツ/アセンブリ断面

オブジェクトの点、面、エッジなど、スナップ点をクリックすると、切断ツールが配置されます。

パーツ/アセンブリ断面

[サーフェス向きを反転]アイコン で断面の方向を反転させることができます。

パーツ/アセンブリ断面

切断ツールに対して TriBall を起動し、任意の位置に移動させます。切断ツールを回転させることで、斜め方向の断面も作成できます。

パーツ/アセンブリ断面

[✓] をクリックすると、断面が作成されます。

パーツ/アセンブリ断面

断面を作成後も、シーンブラウザから [断面ツール] を選択し、TriBall で移動することができます。

パーツ/アセンブリ断面

断面を CAXA Draft に投影する

通常は、CAXA Draft に投影を行っても、断面ではなく元のシェイプが投影されます。

断面をそのまま CAXA Draft に投影する場合は、シーンブラウザ に作成された [断面ツール] を右クリック → [精密モード] を選択します。

Back to top