コンテンツにスキップ

TriBall とは

TriBallは、IRONCAD の配置ツールです。

カタログからドロップしたオブジェクトの距離/目的点/座標点の指定による移動/コピー、回転角度による移動/コピー、反転、鏡像の作成等の編集はすべて TriBall で行います。

オブジェクトを適当に配置しても、後から TriBallによる再配置が可能です。 TriBall の機能を組み合わせることで、複雑な配置も難なく行うことができます。

また、TriBall はオブジェクトの配置のみでなく、インポートしたパーツの面をダイレクトモデリングする場合や、座標点を指定して3D曲線を作成する場合、接合点やアニメーションを定義する場合にも使用します。

TriBall の構造

TriBallの構造

① 円周

ドラッグしてユーザーの視点からTriBallの中心に伸びている仮想軸を回転します。

② 平面ハンドル

ドラッグして選択した仮想平面上を自由に移動します。

③ 内部

内部の空白エリアをドラッグして回転します。またこのエリアを右クリックすると、[スナップ増分の設定] をはじめとする様々な TriBall のオプションを設定できます。

内部のコンテキストメニュー

内部のコンテキストメニュー

④ 中心ハンドル

点から点への移動に使用します。 目的箇所へ直接ドラッグしたり、 右クリックで表示されるメニューから選択します。

中心ハンドルのコンテキストメニュー

中心ハンドルのコンテキストメニュー

⑤ 向きハンドル

TriBall の中心を固定しピボット点にしてオブジェクトの向きを設定します。

向きハンドルのコンテキストメニュー

向きハンドルのコンテキストメニュー

⑥ 軸ハンドル

主に軸に沿った直接移動や軸の回転を指定する時に使用します。一時的に軸の固定としても機能します。

軸ハンドルのコンテキストメニュー

軸ハンドルのコンテキストメニュー

軸をロックして軸方向に移動

左図軸をロックして軸方向に移動 右図軸をロックして軸を基点に回転

TriBallキー操作

F10

TriBall のON-OFF

マウス左ボタン

ドラッグで自由移動、+Ctrlキーで増分スナップ移動

マウス右ボタン

ドラック後コンテキストメニューが表示され、コピー、リンク、各種位置決めオプションの指定が可能。

[Space]キー

[Space]キー を押すと TriBall が白色にハイライトされ、この状態で TriBall のみの移動が可能。

日本語入力になっていると [Space]キー が機能しません。

Back to top