コンテンツにスキップ

練習問題 2

実際のモデルを使ってパーツを配置してみましょう。練習用ファイルをダウンロードしてください。

練習用ファイル

黒い棒状のパーツをベースパーツにはめ込む

黒い棒状のパーツを選択し、TriBall を起動します。

TriBall の中心ハンドルを右クリックし、メニューから [中心点まで] を選択します。

中心点まで

ベースパーツの球状の部分の外面(もしくは内面)をクリックすると、球の中心点に移動します。

球状の部分を指定 球状の部分に移動

TriBall の向きハンドルを右クリックし、メニューから [軸に平行] を選択します。

軸に平行

ベースパーツの円柱側面をクリックすると、円柱側面の軸と平行になります。

円柱側面の軸を指定 円柱側面の軸と平行

ベースパーツの支柱にあるボルト穴をコピーする

ベースパーツの支柱にあるボルト穴を IntelliShape状態で選択し、TriBall を起動します。

横方向の軸ハンドルをクリックしてロックします。

横方向の軸ハンドルをロック

TriBall中心ハンドルを右ドラッグし、逆サイドのエッジの中間点でドロップすると、メニューが表示されます。

ハンドルを右ドラッグしてドロップ 右ドラッグメニュー

[ここにリンクコピー] を選択すると、[コピー/リンクコピー]画面 が表示されます。

コピー/リンクコピー

[OK] を押して確定すると、穴がリンクコピーされます。

ゴールドの円盤状のパーツをベースパーツに接合する

ゴールドの円盤状のパーツを選択し、TriBall を起動します。

TriBall の中心ハンドルを右クリックし、メニューから [中心点まで] を選択します。

中心点まで

ベースパーツの円弧のエッジをクリックすると、円弧の中心点に移動します。

円弧のエッジを指定 円弧の中心点に移動

横方向の軸ハンドルをクリックしてロックします。

軸ハンドルをロック

向きハンドルを左ドラッグして、ベースパーツの面でドロップすると、接合する形に向きが変わります。

向きハンドルを左ドラッグ 向きの変更

円盤状のパーツにカスタム穴をあけ、TriBall で環状配列を作成する

カタログ の [ツール]タブ から [カスタム穴] を円盤状のパーツにドラッグ&ドロップします。

カスタム穴

[カスタム穴]画面 が表示されるので、以下の内容で座ぐり穴を設定します。

  • 穴直径:4
  • 穴範囲:すべて貫通
  • 座ぐり穴深さ:3
  • 座ぐり穴直径:5
  • ねじ山に✓
  • 種類:M4X0.7

カスタム穴

カスタム穴を選択して TriBall を起動します。

横軸ハンドルを右ドラッグし、[ここに移動] を選択します。

横軸ハンドルを右ドラッグ

[距離の編集]画面が表示されるので、「距離:20」 を入力します。

距離の編集

[Space]キー を押して、TriBall のみ移動モードにします。

中心ハンドルを右クリックし、[中心点まで] を選択します。

中心点まで

中心点を取る円盤状パーツのエッジをクリックすると、TriBall のみ円の中心点に移動します。

円エッジをクリック 円の中心点に移動

[Space]キー を押して、TriBall のみ移動モードを解除します。

円盤状パーツに対して垂直方向の軸ハンドルをクリックし、ロックします。

TriBallの内側にカーソルを置いて、回転モードに変わったら右ドラッグし、メニューから [環状配列を作成] を選択します。

回転モード 環状配列を作成

[配列の作成]画面が表示されるので、「コピー数:8」を入力します。

角度は、「角度:360/8」の計算式を入力します。

配列の作成

配列パターンが作成されました。

配列パターン

完成

Back to top