コンテンツにスキップ

投影図の作成に非表示要素を含めるオプション

3D シーン上でパーツまたはアセンブリを選択して右クリックし、[パーツ/アセンブリから 2D ドローイングを作成](複数の場合は [選択したもので 2D ドローイングを作成])または [パーツ/アセンブリから図面の一括作成](複数の場合は [選択したもので図面の一括作成])を使用する際に、シーンに非表示(抑制ではない)の要素がある場合は、ダイアログが開き、投影図に非表示の要素を含めるかどうかを確認するようになりました。

Back to top