コンテンツにスキップ

パーツを非表示/表示する際の非同期の改善

以前のバージョンでは、[選択中のオブジェクトを非表示/表示] を使用してシーンを変更すると、投影した図面に非同期マークが表示され、更新が要求されていました。

2021では、表示/非表示を使用して 3D 作業を続けられるように、この動作がなくなりました。

Back to top