コンテンツにスキップ

非平面オブジェクトの正面図の定義

エッジや平面がないオブジェクトであっても、[正面図の定義] でローカルアンカーやグローバル座標を基準にして、正面を定義できるようになりました。


パーツ/アセンブリを右クリックして [正面図の定義] を行う際に、プロパティブラウザに [高度な正面図設定を使用する] のオプションにチェックを入れると、グレーアウトしていた [基準] と [方向を選択] が設定できるようになります。

[基準] では [ローカルアンカー] か [グローバル座標] を選択できます。

[方向を選択:] では X,Y,Z の軸方向を選択できます。

[正面図の定義] は 2Dドローイングでの図面の一括作成に使用する機能です。CAXA Draft には反映されません。

Back to top