コンテンツにスキップ

3D インターフェース - 部品表とその他

オプション 3D インターフェース - 部品表とその他

① 部品表の読み込み

同一項目のマージに関する設定を行います。

設定により異なりますが、概要としては同じ部品名などの数量を合算するか否かの設定です。

② 部品表の更新

3D モデルに変更があった場合の部品表の更新の設定を行います。

③ 投影時の図面へのフィット

投影図作成時、開いている図面よりも投影モデルが大きい場合のレイアウトの変更に関する設定を行います。

④ 寸法のチェック

3D モデルの形状や配置に変更があった際、投影図内に作成した寸法が破綻している場合に、通知するかどうかを設定します。

寸法のチェック

無効となった寸法を通知するダイアログ

無効な寸法をすべて削除する:

3D モデルの更新等で 2D 投影図に配置した寸法がリンク切れで無効になった場合、それらの寸法をすべて削除します。

⑤ 同期

3D モデルの変更に対して部品表、表題欄の同期を実行する場合はチェックを入れます。

Back to top