コンテンツにスキップ

アセンブリ

オプション アセンブリ

アセンブリと拘束の動作

アセンブリと拘束の動作

[最初に挿入されたパーツ/アセンブリの拘束を自動的に追加する]

新規シーンを開き、[パーツ/アセンブリ挿入]コマンドで最初にシーン上に読み込んだパーツ/アセンブリを[親に固定]機能で3D座標上に固定します。  

[ドロップされたパーツ/アセンブリに自動拘束を作成する]

通常のモデリングの際はチェックを外す

チェックを入れると、パーツをカタログからドロップするときに自動拘束がかかります。例えば穴にボルトを配置した後、ボルトがずれるのを防ぐことが可能です。

必要な場合に限ってご使用ください。

[共通の親アセンブリで双方向の拘束パラメーターを置き換える]

共通のアセンブリで、拘束された複数のパーツのパラメーターを変更することができます。

大規模アセンブリモード

大規模アセンブリモード

大規模アセンブリモードとは、モデリング時に膨大なパーツ点数によりパフォーマンスの低下が見られる場合、一定の操作性を維持するためのモードです。

任意のパーツ点数を設定しておくことで、そのパーツ点数を超える図面を開いた際に自動的に大規模アセンブリモードが起動します。

大規模アセンブリモード起動中は、マウスによる回転やズームなど、レンダリングの表示機能が強化されます。その代り、図面が簡略化されたり一部の編集機能にロックがかかったりします。

例えば、[パーツ以下の選択を防止する]を設定している場合、大規模アセンブリモード使用時にIntelliShapeのサイズ編集等が行えなくなります。

編集されるデータに応じて、大規模アセンブリモードの設定を行ってください。

通常、5,000~10,000点以上(動作環境にもよる)

[パーツ点数が次の設定値以上であるときに起動する:]

この項目にチェックを入れて数値(パーツ点数)を入力すると、設定したパーツ点数を超えた図面を開く際に大規模アセンブリモードで起動します。

[大規模アセンブリモードの起動を確認する:]

[パーツ点数が次の設定値以上であるときに起動する] の設定を超過するパーツ点数の図面を開く際に、大規模アセンブリモードを起動するかどうかを確認します。

表示されるダイアログで大規模アセンブリモードをキャンセルすることができます。

大規模アセンブリモード

大規模アセンブリモード起動中:

大規模アセンブリモードの機能です。 必要に応じて各項目の設定を行ってください。

すべての項目のチェックを外してしまうと通常モードと同じになり、大規模アセンブリモードを有効にしていても大規模アセンブリモードが機能しなくなります。

Back to top