コンテンツにスキップ

オプション設定の読込・書出

IRONCAD (INOVATE含む)、CAXA Draftでご使用のオプション設定を移行する方法について説明します。

この作業は以下のような場合に行います。

  • 複数台のPCに同じオプション設定を適用する場合
  • PC交換の際にオプション設定を引き継ぐ場合
  • プロジェクトごとにオプション設定を変更する場合 (部品図と全体図で設定を変える場合など)
  • 障害などに備えてオプション設定のバックアップを作成する場合

異なるバージョンのオプション設定を読み込むと、レジストリエラーが発生します。異なるバージョンではオプション設定を共有しないでください。

IRONCADのオプション設定を書き出す

[IRONCADメニュー] → [オプション] をクリックすると、[オプション]画面 が表示されます。

[オプション]画面の左下の [書き出し] をクリックします。

書き出し

[名前を付けて保存]画面 が表示されます。

書き出し

名前をつけ、任意の場所に保存します。( .ucx)

IRONCAD のバージョンが分かる名前をつけることをおすすめします。

IRONCADのオプション設定を読み込む

[IRONCADメニュー] → [オプション] をクリックすると、[オプション]画面 が表示されます。

[オプション]画面の左下の [読み込み] をクリックします。

読み込み

[開く]画面 が表示されます。

読み込み

保存している UCX ファイルを選択して開きます。

UCX ファイルを作成した IRONCAD と読み込み先の IRONCAD のバージョンが一致していることを必ず確認してください。

作業フォルダー、バックアップフォルダーの確認

他のPCから設定を移行した場合は、作業フォルダーやバックアップフォルダーの場所を確認してください。

フォルダーの確認方法については、オプション設定のページをご参照ください。

参照:オプション - フォルダー

CAXA Draft のオプション設定を書き出す

CAXA Draft [メニュー] → [オプション] をクリック、または [ツール]タブ → [オプション] をクリックすると、[オプション]画面 が表示されます。

[オプション]画面 の右上の [書き出し] をクリックします。

書き出し

「この操作は CAXA Draft の構成を自動的に保存します」のメッセージが表示されるので、 [OK] を選択します。

この操作は CAXA Draft の構成を自動的に保存します

[システム構成ファイルのエクスポート]画面が表示されます。

システム構成ファイルのエクスポート

名前をつけ、任意の場所に保存します。(.xml)

CAXA Draft のバージョンが分かる名前をつけることをおすすめします。

CAXA Draft のオプション設定を読み込む

CAXA Draft [メニュー] → [オプション] をクリック、または [ツール]タブ → [オプション] をクリックすると、[オプション]画面 が表示されます。

[オプション]画面 の右上の [読み込み] をクリックします。

読み込み

「この操作は CAXA Draft の構成を自動的に保存します」のメッセージが表示されるので、 [OK] を選択します。

この操作は CAXA Draft の構成を自動的に保存します

[システム構成ファイルのインポート]画面 が表示されます。

システム構成ファイルのインポート

保存している XML ファイルを選択して開きます。

XML ファイルを作成した CAXA Draft と読み込み先の CAXA Draft のバージョンが一致していることを必ず確認してください。

テンプレート、パーツ検索の場所の確認

他の PC から設定を移行した場合は、テンプレートの場所やパーツ検索の場所などを確認してください。

フォルダーの確認方法については、オプション設定のページをご参照ください。

参照:オプション - パス

Back to top