コンテンツにスキップ

以下の点にご注意ください。

IRONCAD には自動バックアップ機能がありません

モデリング中には必ずバックアップファイルを作成し、こまめなセーブを行ってください。

ファイルを保存するように通知する設定は可能です。

参照:IRONCAD 推奨オプション設定 – 全般

アクティブサポートにご加入のユーザー様は、バックアップ支援アドイン「icAutoSaver」を無償でお使いいただけます。

ファイル名/フォルダ名の付け方

IRONCAD、CAXA Draftで作成したデータのファイル名、保存先フォルダ名には、半角カタカナ、特殊記号 (〜、¥、% など) のご使用をお控えください。システムエラー発生の要因になります。

ファイル名、フォルダ名には、必ず半角英数、全角文字 (漢字、ひらがな、カタカナ可) をご使用ください。

以下についても同様です。

  • IRONCADのプロパティ情報として入力する各情報 (ユーザ名やマテリアル名など)
  • カスタムプロパティ情報
  • CAXA Draftにおけるレイヤーやフォント
  • 寸法などの各種スタイル名
  • 部品表や表題欄に使用する属性名

IRONCAD、CAXA Draft使用中は、常に各ファイルのリンク状態が維持されています。半角カタカナや特殊記号を使用すると、そのファイルにおいては問題が発生しなくても、リンクされている投影図や外部参照先ファイルでエラーが発生する恐れがあります。

IRONCADから書き出した各種データを他CADで読み込む場合など、データの受け渡しにも考慮する必要があります。 できる限り、日本語の Windows に対応した標準的な文字の使用をおすすめします。

Back to top