コンテンツにスキップ

単位の設定

長さや密度の単位を設定する

IRONCAD (INOVATE含む) のパーツ設計に必要な長さや密度の単位設定を行います。

[共通]タブ → [単位] をクリックします。

メニュー 単位

単位の設定ボックス:

  • 長さ : ミリメートル [mm]

  • 角度 : 度 [度]

  • 質量 : キログラム [㎏]

  • 密度 : グラム/センチメートル [g/㎤]

単位の設定ボックス

既定のサイズと密度を設定する

IRONCAD のカタログからドロップするパーツの既定サイズ、密度を設定します。

現在モデリング中のパーツにおいて、最も使用頻度の高いマテリアルの密度を設定してください。

[共通]タブ → [既定のサイズと密度] をクリックします。

メニュー 既定のサイズと密度

カタログからドロップするシェイプの既定サイズ:

カタログからドロップする IntelliShape のサイズを設定します。

ブロックの場合、長さ方向を基準に、円筒の場合は高さ方向を基準に設定した大きさで他方向の大きさも変更されます。基準となる方向は IntelliShape によって異なります。

カタログからドロップする既定の密度:

カタログからドロップする密度の単位を設定します。

例 : 鉄の場合 7.850 g/㎤

既定のサイズと密度

トグルハンドルをドラッグした時のスナップ増減の設定

IntelliShape のサイズを調整するトグルハンドルは、[Ctrl]キーを押しながらドラッグすることで設定した値単位ずつ加算 (あるいは減算) しながらスナップする機能が使用できます。

[共通]タブ → [ハンドルのスナップ] をクリックします。

メニュー ハンドルのスナップ

スナップでの増減量を設定します。

例えば、右の例ではスナップする増減分を10mmに設定しています。

ハンドルのスナップ

IntelliShape のトグルハンドルをドラッグする際に [Ctrl]キーを押しながら操作することで、設定した10mm単位でスケーリングを行うサイズ編集ができるようになります。

サイズ編集

Back to top