コンテンツにスキップ

IRONCAD の動作環境

システム条件

必要環境 推奨環境
OS
各バージョンの Home Edition は対応する OS に含まれません
64 ビット版の Windows
Microsoft Windows 10
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 7
64 ビット版の Windows
Microsoft Windows 10
CPU 1.6 GHz 以上のマルチコア プロセッサー
Intel Xeon シリーズ
Intel Core i シリーズ
AMD Opteron シリーズ
AMD Athlon シリーズ 以降
2.0 GHz 以上のマルチコア プロセッサー
Intel Xeon シリーズ
Intel Core i シリーズ
AMD Ryzen シリーズ
メモリ 4 GB 以上 16 GB 以上
GPU
統合 GPU は対応する ハードウェア に含まれません
DirectX 9 または OpenGL 2 対応 ビデオカード(ビデオ メモリ 256 MB 以上) DirectX 11 または OpenGL 2 対応 ビデオカード (ミドルレンジ 以上)
NVIDIA Quadro / GeForce シリーズ
AMD Radeon Pro / Radeon シリーズ
ストレージ 5 GB 以上 の空き容量
モニター 解像度 1280 x 768 以上 1920 x 1080 以上
周辺機器 マウス カスタマイズ可能なボタンを搭載するマウス
3Dconnexion 3D マウス
DVDドライブ
アプリケーション Microsoft Excel
(部品表の連携 / パラメトリックな連携)
Web ブラウザー・ Adobe Reader
その他 インターネットへの接続
※スタンドアロン ライセンスはインターネットを介してライセンスをアクティベーションします

(1) OS

64 ビット版のみサポートします。

Home Edition および仮想化環境はサポートしていません。

(2) CPU

ソフトウェアによる負荷を軽減させるためにはマルチコアプロセッサーが必要です。

レンダリング等の一部の機能を除きマルチスレッドはサポートしていません。

(3) メモリ

メモリの使用量はファイルサイズの約 10 倍が目安です。

例えば、開くファイルのサイズが 100MB の場合、約 1GB のメモリを使用します。

また、データを IGES、STEP などに変換する際には、それ以上にメモリを使用します。

自動車のボディのような緻密なサーフェスモデルを変換する際には、16GB 以上のメモリが必要になる場合があります。

IRONCAD でメモリの使用量を節約するには、パーツやアセンブリの外部保存(外部リンク)が有効です。

外部保存によってメモリ上のデータをストレージへ退避させることができます。

特にサブアセンブリやユニットなどの大容量データの外部保存はメモリを節約するために有効な手段です。

(4) GPUビデオカード

描画性能が高いミドルレンジ以上の GPU(ビデオカード)を推奨します。

統合 GPU はサポートしていません。

描画エンジンとして TechSoft3D 社の HOOPS テクノロジーを使用しています。

参照:http://www.techsoft3d.com/

(5) デスクトップコンピューター

ビデオカード(独立した GPU)が搭載されているコンピューターを選択してください。

空き拡張スロットにビデオカードを追加できる場合があります。(詳細はコンピューターの購入店にご相談ください)

弊社が推奨する PC 以外での動作サポートは基本的に行っておりません。

推奨 PC でのご利用をおすすめいたします。

(6) モバイルコンピューター

独立した GPU が搭載されているコンピューターを選択してください。

弊社が推奨する PC 以外での動作サポートは基本的に行っておりません。

推奨 PC でのご利用をおすすめいたします。

既知の問題

(1) インストール

  • ダウンロード版では、ZIP ファイルを展開せずにセットアップを実行すると、インストールで問題が発生する場合があります。ファイルを展開した後、セットアップを実行してください。

  • Windows のアカウント名に全角文字が使用されていると、インストールで問題が発生する場合があります。全角文字を含まない管理者権限が有効なアカウントでログインした後、セットアップを実行してください。

(2) 起動

  • システム条件を満たしていない場合はプログラムが起動できません。ハードウェアや OS がシステム条件を満たしていることを確認してください。

  • OS が最新の状態でないために起動できない場合があります。WindowsUpdate を実行して OS を最新の状態にしてください。

  • 常駐するソフトウェアなどとの競合で起動できない場合があります。その場合は、原因を特定することが困難なため別のコンピューターへのインストールをお願いしております。

  • PC のシステム日付を変更するとライセンスが正しく認識できなくなり起動できない場合があります。 (PC のバックアップ電池の寿命によって予期せぬシステム日付の変更が発生することがあります)。

  • GPU(ビデオカードのデバイスドライバーの影響によって起動できない場合があります。 その場合は、正しく動作するバージョンに更新する必要があります。既に最新バージョンが適用されているときには旧バージョンを適用することで問題が解決する場合があります。デバイスドライバーを更新する際は、既存のデバイスドライバーを削除してから再インストール(クリーンインストール)してください。 デバイスドライバーはハードウェア(コンピューター/ビデオカードメーカーあるいは NVIDIA社、AMD 社など)の公式サポートページから入手することができます。

(3) 描画

  • GPU(ビデオカードの性能が不足していると 3D 表現を正しく描画できません。GPU がシステム条件を満たしていることを確認してください。

  • GPU がシステム条件を満たしていて 3D 表現が正しく描画されない際には IRONCAD の設定 [オプション] → [レンダリング] → [レンダラー](初期設定は“高機能 OpenGL/DirectX”)を変更すると問題が解決する場合があります。(すべてのファイルが閉じている状態で設定を変更してください)

  • Windows7 では GUI の AeroGlass を無効にすることで問題が解決する場合があります。GPU のデバイスドライバーを更新することで問題が解決する場合があります。

  • ハードウェア側の問題によって描画に不具合が発生する場合があります。その場合の対処法等についてはコンピューター/ビデオカードメーカーへお問い合わせください。

Back to top