コンテンツにスキップ

六角穴付ボルトをインポート

[ツール]カタログの [留め具] からも様々な形状のねじやボルトを作成できますが、メーカー品のデータをインポートすることもできます。

今回は テスト用に作成した 3D CAD データを使用し、インポートの手順を説明します。

インポートしたデータはカタログに登録することにより、いつでも使用できます。

IRONCAD でインポート可能なデータ形式は、IRONCAD のウェブサイトをご参照ください。

参照:IRONCAD ウェブサイト

ACIS、parasolid の形式データは、IRONCAD 読み込み後の精度がより高くなります。


〔1〕[アセンブリ]タブの [作成]グループから [インポート] を選択します。

インポート

〔2〕[ファイルのインポート]画面 でボルトの ファイルを選択し、[開く] をクリックします。

インポート

ボルトの配置ガイドが表示されるので、適当な場所に配置します。

インポート

〔3〕ボルトデータの向きが意図した向きと異なる場合は Triball で向きを合わせます。

意図した向きと異なる

今回は横を向いてしまったので、上向きに変更します。

〔4〕ボルトデータを選択し、TriBall を起動し、ボルトの軸方向の向きハンドルを選択します。

TriBall

TriBall のすべての向きハンドルが表示されます。

〔5〕ボルト上部方向の向きハンドルを選択し、右クリックメニューから [面に垂直] を選択します。

TriBall

その後、パーツ 3 の上面 を選択します。

パーツ 3 の上面 を選択

ボルトが座ぐり穴の向きと揃います。

座ぐり穴の向きと揃う

その他の向きを合わせる方法については以下のページをご参照ください。

参照:TriBall - 向きハンドル(向きの変更)

〔6〕TriBall の中心をボルト頭の下部の中心に合わせます。(必要な場合のみ)

[Space]キー を押し、TriBall のみ移動モードにします。

TriBall の中心ハンドルを右クリックし、メニューから [中心点まで] を選択します。

中心点まで

ボルト頭下部のエッジをクリックすると TriBall が移動します。

エッジをクリック

[Space]キー を押して、TriBall のみ移動モードを終了します。

〔7〕TriBall の中心ハンドル上で右クリックし、メニューから [中心点まで] を選択します。

中心点まで

〔8〕パーツ 3 の座ぐり穴のエッジ(赤矢印)を選択し、ボルトを移動させます。

エッジを選択

〔9〕Y 軸の軸ハンドルをもうひとつの座ぐり穴に向けて、マウス右ボタンでドラッグします。

TriBall

右ボタンを離すとメニューが表示されるので、[ここに移動] を選択します。

TriBall

〔10〕距離を入力します。

距離: 28

TriBall

入力が完了したら [OK] をクリックします。

ボルトがコピーされます。

TriBall

〔11〕次に反対側にボルトをコピーします。

[Shift]キー を押しながら 2 つのボルトを選択し、TriBall を起動します。

Z 軸の軸ハンドルをクリックし、ロックをかけます。

TriBall

〔12〕TriBall の中心ハンドルを右クリックし、メニューから [中心点まで] を選択します。

TriBall

〔13〕パーツ 1 の裏面を表示し、TriBall が起動しているボルトの反対側の座ぐり穴のエッジ(赤矢印)を右クリックします。

メニューから [ここにリンクコピー] を選択します。

TriBall

〔14〕距離を入力します。

距離 : 56

TriBall

入力が完了したら [OK] をクリックします。

ボルトが逆向きにコピーされます。

TriBall

〔15〕ボルトの向きを修正します。

[Shift]キー を押しながら 2 つの逆向きのボルトを選択し、TriBall を起動します。

TriBall

〔16〕向きハンドルを右クリックし、メニューから [ミラー]→[移動] を選択します。

TriBall

ボルトが正しく収まります。

ボルトが正しく収まる

Back to top