コンテンツにスキップ

投影図・アイソメ図を作成

最後に IRONCAD のドラフト機能 (CAXA Draft) を使用して、作成したアセンブリの投影図とアイソメ図を作成します。

〔1〕既定のテンプレートを設定済みの場合は、画面左上の [CAXA Draft]アイコン をクリックします。

CAXA Draftアイコン

〔2〕既定のテンプレートを未設定の場合は、画面左上の [新規作成]アイコン をクリックします。

新規作成アイコン

〔3〕[新規作成]アイコン をクリックすると、[新規]画面 が表示されます。

新規作成アイコン

[2Dドラフト[CAXA Draft]] を選択し、[OK] をクリックします。

〔4〕[新規作成]画面 が表示されます。

新規作成

[現在の標準] が「JIS」になっているのを確認し、今回は [BLANK] を選択します。

CAXA Draft が起動します。

〔5〕[3Dインターフェース]タブの [投影図] をクリックします。

投影図

〔6〕[投影図の出力]画面 が表示されます。

ビュー画面に何も表示されていない場合は、[参照] をクリックし、3D ファイルを指定します。

[標準的な三面図] をクリックします。正面図、平面図、右側面図が選択されます。

[アイソメ図] もクリックして追加します。

投影図の出力

〔7〕[その他]タブ を開き、[投影オプション] の [隠線:] を[アイソメ図のみ出力しない] に設定します。

投影図の出力

設定が完了したら [OK] をクリックします。

〔8〕投影図とアイソメ図をクリックで配置します。

投影図の配置

〔9〕[寸法]タブ → [寸法] のプルダウンメニューから [連続寸法] を選択します。

連続寸法

〔10〕平面図に寸法を入れます。

左端の端点と次の点を選択し、適当な位置まで寸法を引き出します。

その後は、連続で寸法を入力できます。

連続寸法

〔11〕[寸法]タブ → [寸法] のプルダウンメニューから [寸法] を選択します。

寸法

〔12〕下図と同じように寸法を入力します。

線または 2 点を選択すると寸法を引き出すことができます。

寸法

以上で完了です。

〔13〕既にファイルを作成済みの場合は、[上書き保存]アイコン をクリックして上書きします。

上書き保存

ファイルを未作成の場合は、[メニュー] → [ファイル] → [名前を付けて保存] をクリックします。([上書き保存]アイコン でも可)

名前を付けて保存

[名前を付けて保存]画面 が開きます。ファイル名を入力し、[保存] をクリックします。

名前を付けて保存

Back to top