コンテンツにスキップ

3D 曲線をラップ

平面的な 3D 曲線や 2D 図形を 円筒形の面に巻き付けます。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


3D 曲線または 2D 図形を作成します。

参照: 3D 曲線

参照: 3D 曲線を作成

参照: 2Dシェイプ

[サーフェス]タブ → [3D 曲線をラップ] をクリックします。

3D 曲線をラップ

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

3D 曲線をラップ

[選択] → [面] が赤くハイライトされます。

円筒形の面を選択すると、[選択] → [面] のボックスに表示されます。

[選択] → [曲線の種類] から張り付ける図形の種類を選択します。

2D 図形/3D 曲線から 1 本の線を選択して巻き付ける場合は、[図形] を選択します。

2D 図形/3D 曲線全体を巻き付ける場合は、[フィーチャ] を選択します。

[選択] → [曲線の種類] → [曲線] または [フィーチャ] が赤くハイライトされます。

2D 図形/3D 曲線を選択すると、[選択] → [曲線の種類] → [曲線] または [フィーチャ] のボックスに表示されます。

[配置] → [配置の種類] から配置方法を選択します。

面に向かって垂直に形を投影する場合は、[投影] を選択します。

任意の点に配置する場合は [参照点] を選択します。

[参照点] を選択すると、[配置] → [点] が赤くハイライトされます。

点を指定すると、[配置] → [パラメーター] に反映されます。(デフォルトの位置が原点)

[✓] をクリックすると 3D 曲線または 2D 図形が円筒形に巻き付きます。

3D 曲線をラップ

Back to top