コンテンツにスキップ

隙間チェック

パーツ同士が指定した値よりも接近していないかを検証します。

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


[ツール]タブ → [隙間チェック] をクリックします。

隙間チェック

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

隙間チェック

[パーツの選択] → [確認するパーツを選択します] が赤くハイライトされます。

パーツを選択すると、[パーツの選択] → [確認するパーツを選択します] のボックスに選択したパーツが表示されます。

[隙間] を入力します。

入力された値以下の隙間を表示します。値以上は隙間は表示されません。

選択したパーツ同士の隙間をチェックする場合は、[選択されたパーツをチェック] を選択します。

選択したパーツと未選択のパーツの隙間をチェックする場合は、[選択されたと他のパーツをチェック] を選択します。

[チェック] をクリックすると、[結果] のボックスに検出された隙間が表示されます。

隙間チェック

[結果] の項目を選択すると、シーンの隙間がある場所に値が表示されます。

隙間チェック

[その他] → [パーツとしてアセンブリをチェックする] にチェックを入れた場合、アセンブリ内のパーツではなく、アセンブリそのものと他のパーツとの隙間をチェックできます。

[✓] または [×] をクリックしてコマンドを終了します。

Back to top