コンテンツにスキップ

メカニズムモード

配置拘束をかけたパーツ/アセンブリを動かして、機構の動作を確認します。

メカニズムモード

のマークは、プロパティブラウザ もしくは コマンドブラウザ で行う設定です。


一緒に動作させるパーツはアセンブリ化しておきます。

そのままではパーツがバラバラに動作するので、パーツ同士に拘束をかけます。

拘束のかけ方については、配置拘束、親に固定のページをご参照ください。

参照:配置拘束

参照:親に固定

[ツール]タブ → [メカニズムモード] をクリックします。

メカニズムモード

プロパティブラウザにオプション項目が表示されます。

メカニズムモード

[メカニズム モード] → [ドラッグの動作:] のプルダウンメニューからドラッグする際の動作のモードを選択します。

ここでは、アセンブリの動作を伝達するレベルを調整します。

標準  アイテムを動かしてもほかのアイテムに動作は伝達しません。 全体ではなく先端だけを動かしたい場合は、標準を使用します。

リジッド  アイテムを動かすとほかのアイテムに動作が伝達します。 固定点からドラッグしているアイテムまでが拘束に従って動き、そこから先のアイテムは元の姿勢を維持したまま動かせます。

ローカライズ  標準以上、リラクセーション以下の自由度で動かせます。

リラクセーション  アイテムを動かすと全体に動作が伝達し、最も自由にアイテムを動かせます。


拘束をかけたパーツをドラッグ、または TriBall で動かします。

[×] をクリックすると、動作前の位置に戻ります。

[✓] をクリックすると、動作後の位置が適用されます。

衝突を検出する

[衝突を検出する] にチェックを入れると、関連するオプション項目が表示されます。

衝突を検出する

必要なものにチェックを入れて、拘束をかけたパーツをドラッグ、または TriBall で動かします。

衝突を検出する

Back to top