コンテンツにスキップ

その他の機能

親に固定

パーツを親に固定することで、TriBall や拘束定義によるオブジェクトの移動を制限できます。

参照:親に固定

アセンブリ以下の選択を防止、パーツ配下の要素を表示しない

パーツやアセンブリの階層下にある要素の選択を制限することで、誤編集を防ぐことができます。

選択中のパーツ、アセンブリに対して使用できます。

選択したパーツ/アセンブリに対して、階層下にある要素の選択を制限し、編集にロックをかけられます。

パーツを選択した場合は、右クリックメニューから [パーツ配下の要素を表示しない] をクリックします。

アセンブリを選択した場合は、右クリックメニューから [アセンブリ以下の選択を防止] をクリックします。

アセンブリ以下の選択を防止

設定が有効になったパーツ/アセンブリは、シーン上でのドリルダウン選択もシーンブラウザでの展開もできなくなります。

設定を解除する場合は、右クリックメニューから再度 [パーツ配下の要素を表示しない] または [アセンブリ以下の選択を防止] をクリックします。

アセンブリ以下の選択を防止

見た目で状態を区別しにくいため、ご使用の際は特殊なペイントを施すなどの対応をおすすめします。

Back to top