コンテンツにスキップ

シート名にシーンまたはドキュメントプロパティをリンク

2D ドローイング

プロパティを ICD のシート名に関連づけ、図面の内容に基づいた名前を定義できるようになりました。

2D ドローイング環境の [シート設定] で設定可能です。

操作手順

[共通]タブ → [シート設定] をクリックすると、[シート設定]画面 が表示されます。

[プロパティをシート名に設定する] (2022 で追加) にチェックを入れると、グレーアウトしていた [プロパティの種類:] と [プロパティ:] がアクティブになります。

[プロパティの種類:] では [ファイル] または [パーツ] を選択可能です。

[ファイル] を選択すると [プロパティ:] にファイルのプロパティがリスト表示され、[パーツ] を選択すると パーツのプロパティがリスト表示されます。

プロパティを選択して [OK] をクリックすると、シート名がプロパティの値に変わります。

値の入っていないプロパティを選択すると、シート名には数式が表示されます。

[次のファイルプロパティ:] でソースファイル、[次のパーツプロパティ:] でソースパーツ/アセンブリを選択できます。