コンテンツにスキップ

フェードイン設定に対応

CAXA Draft

ブロックのインプレイス編集、外部参照、ロックされたレイヤーなどの透明度設定をサポートするようになりました。

設定手順

[メニュー] → [オプション] をクリックすると、[オプション]画面 が表示されます。

同画面の [表示]→ [透明度の設定] の [透明度の設定を有効にする] にチェックを入れます。

[外部参照の表示]

外部参照([挿入]タブ → [外部参照の挿入] で挿入した図面(exb、dwg、dxf)の透明度を設定できます。(-90から90まで。0 以下は同じですが、一時的に無効にするためにマイナス値を入力できます)

[インプレイス編集]

ブロックのインプレイス編集時の、編集対象以外の透明度を設定できます。(0-90まで。数値の高い方が透明度が上がります)

[ロックされたレイヤ]

ロックしたレイヤーの透明度を設定できます。(-90から90まで。0 以下は同じですが、一時的に無効にするためにマイナス値を入力できます)

フェードイン設定に対応