コンテンツにスキップ

ミラーでリンクコピーされたパーツ/アセンブリに一意のパーツ番号を付与可能に

パーツ/アセンブリをミラーでリンクコピーする際、ミラーパーツを正確に識別するために一意のパーツ番号を付与したい場合があります。

ミラーで作成されたパーツ/アセンブリで、[プロパティ]ダイアログ の BOM設定 の新しいオプションが有効になり、シェイプの一意のパーツ番号と説明を設定できるようになりました。

操作手順

ミラーでリンクコピーした パーツ/アセンブリを右クリックし、メニューから [パーツ プロパティ] を選択すると、[イノベイティブパーツ]画面 が表示されます。

[部品集計表[BOM]] → [このシェイプを BOM に含める] にチェックが入っているのを確認し、[ミラー部品(別設定)](2022で追加) にチェックを入れ、[パーツ番号:] と [説明:] を入力します。

リンクコピーにも関わらず、一意のパーツ番号と説明文を設定できます。

ミラーでリンクコピーされたパーツ/アセンブリに一意のパーツ番号を付与可能に

2D ドローイングに投影

2D ドローイングを起動して BOM を作成すると、ミラーリンクコピーで作成されたパーツはオリジナルと一緒にカウントされず、オリジナルとは異なるパーツ番号と説明が表示されます。

CAXA Draft に投影

CAXA Draft に投影する場合は、3D シーンのパーツプロパティに、オリジナルのパーツにも [パーツ番号] と [説明] に値が入っている必要があります。

[3D インターフェース]タブ → [3D部品表のインポート] をクリックすると、[3D 部品表のインポート]画面 が表示されます。

[同じものをマージする] のチェックを外してから [OK] をクリックします。