コンテンツにスキップ

スケッチベンドのカット線とクロスブレーク線

[スケッチベンドを作成] 実行時のプロパティブラウザのオプション設定で [カット線] と [クロス ブレーク線] を選択できるようになりました。

カット線を使用すると、曲げとカットの両方を組み合わせて、薄いタブのような曲げ領域を作成できます。

一般的に X 字型のクロス ブレークは、金属を過度に歪ませることなく、金属にわずかなピラミッド形状を形成します。(当コマンドでは線のみ表示され、ピラミッド形状は作成されません)

交差する隆起は金属の表面を堅くし、負荷がかかったときに金属が座屈するのを防ぎます。

この曲げ方法を正しく使用すると、効率よく部品を強化できます。

クロス ブレークは、機械の筐体やダクトに組み込まれることが多く、剛性を高めることで振動や気流による騒音を低減します。

Back to top