設計者のためのCAE

IRONCAD上で構造、伝熱、電場、熱流体など複合条件での連成解析を行うことができます。操作が簡単なので、初めて解析に挑戦する設計者におすすめです。

連成解析

MPIC

高い信頼性で計算も速い ハイエンドCAEソルバー

MPICのAMPSソルバーは、Sefeaテクノロジーを搭載。1次要素で2次要素並の精度を得られ、計算時間を劇的に削減できます。

主要な3D-CADソフトのデータ形式で解析が可能

IRONCADに主要な3D CADのネイティブデータ(※要トランスレータ―)をインポートすれば、MPICで解析可能。デュアルカーネル搭載のIRONCADなら、データの変換エラーも軽減できます。

複数のスレッドを使用可能

MPICはマルチスレッドに対応。スレッド数が増すほどに大規模計算、複数同時計算の処理速度が上がります。計算ジョブ待ち状態を減らすことが可能です。

操作・設定を容易にしたプリポスト

従来のCAEソフトとは異なり、設定から計算までの手順が容易で、設定間違いも起こりにくい革新的なプリポスト(操作画面)。
厳しい接触や大きなひずみなど、高度な非線形解析もすばやく設定できます。

複数の解析を“同時”に解く 連成解析システム

従来の連成解析ソフトと異なり、MPICは各解析タイプの解法が同じため、複数の解析を同時に解くことが可能です。従来の連成解析の作業労力が激減します。