対称的なサイズ変更後、対称ハンドルの表示と動作が一致しなくなる不具合のおしらせ

お客様各位

平素はIRONCADをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

このたび、インテリシェイプを対称的にサイズ変更した後、対称ハンドルの表示と動作が一致しなくなる不具合が発生することが確認されました。
ユーザーの皆様にご不便をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

【対象のバージョン】
IRONCAD 2021 日本語版

【不具合内容】
インテリシェイプハンドルでのサイズ変更時に対称ハンドルを使用して対称的なサイズ変更を行うと、次のサイズ変更時以降、対称ハンドルの表示と動作が一致しなくなる。(表示は片側変更モードに戻るが、動作は対称変更モードのままとなる)

【対処法】
対称・非対称ハンドルを使用せず、両端のサイズ編集ハンドルを使用する。

〔対称ハンドルを無効(非表示)にする方法〕
3Dシーンの [オプション] → [インタラクション] → [ハンドル操作] の [対称ハンドルを無効にする] にチェックを入れる。

〔形状を対称変更する方法〕
方法1)マウスの右ボタンでインテリシェイプハンドルをドラッグする。
方法2)片側のサイズ編集ハンドルを選択し、[Ctrl]キー を押しながら反対側のハンドルを選択する。両方のハンドルが黄色になった状態で、一方のハンドルをマウスの左ボタンでドラッグする。

〔対称変更モードを解除する方法〕
対称変更モードを解除するには、別方向のハンドルを選択、またはシーンのなにもないところをクリックする。